*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No.1の意味
記者会見まであったから当然っちゃー当然ですが、ジャニweb上に「ベストジーニスト」のTopicsが上がってるのを見ると、ナンダカンダ言われつつも、やっぱりそれなりに大きな賞だなと思う。
亀梨さん、「賞」というものをもらうのはこの「ベストジーニスト」が初めてだったんですか。
なるほろ、それでは余計に亀ちゃん本人ならびに亀担さん達にとっても、「特別な賞」であることがうなづけます。「恋人にしたい」ランキングで“仁が喜んでいたから”仁を1位にしたいという仁担の気持ちと変わりません。
だからそれについてとやかく言うことではないことを初めにお断りしておきます。
ただ、この賞についてあちこちでいろいろな意見を目にしたり、また、コメントなどもお寄せいただき、「ベストジーニスト賞」に対する私なりの考えも含めての仁への想いです。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

「ベストジーニスト」は、ジャニweb上でも解説されていたように「ジーンズ商品の持つ意味合いを多くの人に知っていただく」という趣旨で始まり、一応は「ジーンズの似合う人」に対して贈られるものでしょ。
最近では平たく言えば人気投票・・・もっと具体的に言えば、ジーンズ云々は単なる口実で、「今、旬の人に対して授与する」的な意味合いの方が大きくなっているように思う。
だから日頃からジーンズをはくとかはかないとか、仁はハーフパンツが多いからとかそういうことは全く関係ないんじゃない?
仁だって1年中ハーフパンツじゃないし、じゃぁ亀ちゃんが年がら年中365日ジーンズかというと、そんなことはないわけで。
あのオリンピックのメダリスト君なんか「普段はジャージばっかり」って恐縮しまくってたし。
※↑「めざましTV」では、「彼にジーンズをはいてほしい」という意味での受賞じゃないか・・・なんて話も出ててなるほど・・・と。

そりゃ、本音を言えば私だってできることなら仁にも獲らせてあげたかったよ(仁のジーンズ姿を見る度にそう思ってた)。誰だって自担に投票するからにはその思いを込めていると思う。しかもこの賞がスタートしたのは仁が生まれた1984年だということを知って、これは益々獲らせてやりたいっ!とか思っちゃったし。
※亀担さんから見たら矛盾すると言われてしまうかもしれないけど、それは亀が1位だから亀の1位を奪いたいとかそういう邪念とは違う。他の人がどうこうじゃなくて、あくまで仁だけに向けられた私の想いだと解釈していただければ幸いです。ここのブログには仁担さん以外もいらっしゃっているのは重々承知してますし、私は自分のブログで他メンを下げるつもりはないので。

しかし・・・仮に仁が獲れたとしても、だからといってそれが仁にとってどれほど仕事に有利に働くのかはわからない。それでも仁に対する扱い等は、あるいは何も変わらないかもしれない。
でも、そういうことじゃなくて、ただただ私は仁に関してはいろいろなことで諦めたくはないの。
仁がタレントとして「力」のない人なら仕方がない。
でも仁は「無限の可能性」を秘めている人だから。←自担盲目と笑わば笑へ。
仁の表立った仕事が見えないと不安にもなるし、歯がゆい気持ちは数えきれないくらいここでも綴ってきた。だからといってこのまま仁は駄目になるかもとかそういうことは私は考えたくないのだよ。
形がどうあれ、いつかは仁を「男」にしたい。←いや、立派に男ですけど!
要は天下を獲らせたい。
仁がジャニーズのオーディションを受けた時に番号札が「1番」だったのは偶然じゃなくて必然。成人式で絵馬に書いた言葉も「一」。デビュー会見で語った言葉も「目標は1位」。
だからこそ「一番」を獲らせたいの。

余談ですが。
80年代前半に世界ランキング1位だったプロテニスプレイヤー、ジョン・マッケンロー(元・テニス界の暴れん坊将軍)はかつてこんなことを言っていた。

「№2ってのはそれはそれでたいしたものだと思うよ。でもその言葉の裏に“でもお前は№1じゃない”という意味があることに気付いた時、俺は愕然とした」

この気持ちが、マッケンローが常に現状に満足せず、№1を目指した原動力の一つだったのかなーと思ってる。自分的にも「おぉ、そう言われてみればそうだ・・・!」と、ハッと気付かされるような、ある意味シビアとも言えるような言葉だったので、なんか忘れられないんだよね。だから仁に一番を求めてしまうのかもしれない。
Secret
(非公開コメント受付中)

コメントレス
dさんへ:
はじめまして。いつもご覧いただいているとのこと、ありがとうございます。
わかります、特定のランキング云々以上に、仁を喜ばせたいとか、少しでも仕事の上でプラスになれば・・・何より仁が好きだから!という気持ちがすべてですよね。
あ、そのブログさんにはたしかに私、コメントしてます。その一件のことではなく、私信的な内容で・・・ですが、見られちゃいましたか(笑)。コメントありがとうございました。

aさんへ:
本音コメントありがとうございます。仁の才能と美貌ができるだけ多くの人に認知されることを私も切に望んでいます。それにしても仁がそんな風にを言われてるとは、それこそ「誤解」ですよねv-395
カツカツでは仁が相談相手として呼び出した相手がゆっち&じゅんのでaさんもより癒されたのでは?(笑)

mさんへ:
アハハハ!さすがmちゃん、鋭いご意見!
また改めてご連絡しますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。