*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祭りの後
コンサートがすべて終了した今、仁担の楽しみといえば明日発売の「POPEYE」くらいだよね。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!


ドームコンのことを何か書かなきゃと思うのに書けない。最近軽くスランプ。
何もこのツアーが自分にとっての最後のコンサートじゃないのに、目的を達した後の虚脱感みたいな感じ。
明日の「POPEYE」でまたテンション上げたい

ただ、いくつか反省点を挙げると、初めて「赤西仁」という人を生で見るチャンスを得たせいか、参戦した5回のコンサート全体を通して私は生仁の姿、そして生ダンスを追うことにばかり必死になっていたように思う。目先のことに心奪われて、一体どれほど真摯に仁の歌声に向き合っていたのか、自信が持てなかったりする(苦笑)。
それを思うと仁に申し訳なくてしょうがない。振り返るとガッツリ本気で踊っていた仁の姿ばかりが心に強烈に刻み込まれている。
まぁ、それもコンサートの一つの醍醐味といえば醍醐味ではございますが。

あ、もちろん「僕街」の時は一瞬たりとも聞き逃すまいと全身全霊をかけて聴いてました。
私、時折仁の口から一瞬こぼれる、かすれたような唱法が大好きなんですよ。
具体的に言うと「キプフェ」の冒頭、「ワガママ言ってたけど」の「言ってたけど」の部分とか。
あるいは「LIPS」2番の「もう一人きりじゃない」の「一人きりじゃない」の部分とか。
「Will Be All Right」の冒頭、「がんばってる君の・・・」「が」の部分とか。
ハイ、マニアックですけど(笑)、わかっていただけます?曲によっては時々そういう声が聞けるのが。
僕街では最後の「ただ 続いていた・・・」の部分でこの「かすれ唱法」(とでも言おうか)が生で聞けたのが私にとっては大きな収穫です。このパートはマイクを通して歌うところで、むしろここはマイクで歌ってくれてありがとうございますという感じ。

あと、反省点番外編(?)としてオーラスの日。何人かのジュニアが前を通り過ぎた時、最後尾にいた子が客席に向かって小マメに手を振りながら歩いていたわけ。彼に向って手を振っているお客さんがほとんどいなくても。彼はそういう風に歩くことが決まっていたからそうしていただけかもしれない。でも私を含めて手を振られた側は誰もその子に手を振り返さなくて。私はといえば、その子が手を振っていたのは視界の端っこに入っていたのに、その向こう側遠くにいる仁を見ることに必死になっていて余裕ナシ(苦笑)。「あっ」と思った時はもうそのジュニアくん通り過ぎた後で、まだ若く、無名な(というか大舞台での経験が少なそう)子だからこそせめて手くらい振り返してあげればよかったと、些細なことかもしれないけどそのことはかなり後悔。
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。