*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生どこで何がどうなるかわからない
昨日美容院に行ったら、差し出された雑誌(「cut」でした)に俳優の西島秀俊さんが載っていたので、なんとなく見ているうちに、担当美容師さんと西島さん談義に(笑)。

というのも、十数年前の90年代後半頃、ワタクシ、彼の大ファンでした。

西島氏といえば、特に90年代の前半にとにかくドラマに出まくってました。
最も有名なところでは「あすなろ白書」(1993)の松岡役とか、ビデオ化もDVD化もされず(ていうか不可能となった)、今となっては伝説wのドラマ「悪魔のKISS」(1993)にも深津絵里ちゃんに思いを寄せられる(なおかつ新興宗教にハマってる)役なんかもやってましたね。

しかし若い頃の彼はとにかく線が細いというか、そんなに好きではなかったんですよ。
なんでこの人、こんなにドラマに出まくってるのか不思議だったくらい。←

それが90年代の終わり頃に、久しぶりに「あすなろ白書」のビデオを見ていたら、キムタクの「取手くん」も味わい深いけどw突然かつてはさして気がつかなかった「松岡くん」(西島)の魅力にどっぷりハマりwそれから西島ファンに。

ん?しかしそういえば彼って最近TVとかであまり見かけなくないか?

・・・そう思って調べてみると、TVには出ないけど、マイナーな映画(いわゆる単館上映系的作品)には主演、助演を問わずに結構出てることがわかり、しかしそういう映画のビデオって新宿あたりのTSUTAYAじゃないと置いてなかったりして、とにかく西島出演作を一つでも多く見たくて、一生懸命探しては、せっせと借りたりしてました。

さらに調べてみると、彼はデビュー当時大手プロダクション(ナ○プロ)にいたものの、アイドル俳優的に売り出したい事務所と、本格的な役者志向の本人との方向性のギャップもあった(らしい)ことから、結局事務所を退社。
それで干されたというか、かつてのようにTVドラマに出られない時期があったようなんですね。

そんな中、転機となったのは北野武監督作品の「Dolls」(2002)で菅野美穂ちゃんの相手役になってからでしょうか。

やーーっと彼がメジャー級の映画に(しかも重要な役どころで)出られるようになったことに、嬉しかったと同時にホッとしたのを覚えてます。とはいえ、必ずしもこれで即座に(こちらが期待していたほど)爆発的に何かが変わった!・・・というわけではなかったように記憶していますが、しかしながら、少なくともミソギは済んだ、ような印象はありました。
事務所を辞めてから数年経ち、そろそろいろいろなことが許されたのではないかな、みたいな?

それがいつの間にか主演・助演を問わず、TVドラマにも普通に出るようになって、私はあまり見てなかったんだけど、「八重の桜」でのヒロインの兄役も印象は強かったですね。

とにかく、紆余曲折を経て、気がつけば今やすっかりメジャー級の俳優の一人に。

そんな話を担当美容師さんにしながら、ホント、人の人生ってどこでどうなるかわからないね・・・・としみぢみ語り合ったのでしたw

私ね、仁のことがむやみに理不尽にけなされると腹が立つんですよ。
かつて彼自身がアンチを大量派生させてしまった言動も数々あったわけですけども、そのことで責められるならば甘んじて受け入れよう(とはいえ、もう何年も経ってるんだから時効じゃね?とも思うがw)、しかし時として理不尽なけなされ方、筋違いな中傷をされることがありますよね。

そんな時、今に見ておれ、何年かかってもいつかきっと仁様が見返してくれるわ!とか腹の中で思ってたりするんですけど(笑)、そういう確信めいたものもあるんです。もしどれほど時間がかかったとしても、いつか必ずや彼が「何かやってくれそう」な確信。

大手の事務所を辞めれば、芸能活動をしていく上で不利なこともたくさんあるかもしれない。
でも、仁生、どこで何がどうなるか、何がいいか悪いかわからない。紆余曲折激しい仁さんは特にww
よくないと思われたことがいい方向へ転じたり、いいと思われていたはずのことが案外後になって自分の足を引っ張ったり。

だから仁生、面白い・・・のかな。

いや、仁生だけでなく、今これを読んで下さっているあなたの人生も、おそらく私の人生も。
That's Life!

手前味噌で恐縮ですが、私が生まれる前に他界した母方の祖父は「人の人生なんて(結果的に何がよかったか悪かったかは)棺桶に入るまでわからない。だから目先のことだけで判断してはいけない」と母によく語っていたそうですが、このことは私自身も肝に銘じてます(笑)。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。