*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさか・・・ね?w
世に言う「バーコードじんじん」(笑)を見て。

ネットでちょこっと見ましたが、仁のハリウッド次回作とごく一部で噂されていた、三○監督の(日本を舞台にした)ハリウッドデビュー作「アウ○サイ○ー」とやらに、もしや奇っ怪なボディメイクで出ちまうのか!?とか思ってしまったよ(爆)←

ちなみに、この「ア○ト○イダー」という作品は日本の戦後ヤ○ザ社会を描いたものらしい。
現在公開中で同じく○池作品である「土○の唄」もヤク○系の内容で、やはり奇っ怪な全身メイクの人、出てませんか~w

うん、まさか!ね。いくら2作品連続でヤーさん系の作品だとしても、同じようなキャラ出さんだろうし。
ていうか、そもそも仁がそこに出るかどうかということ自体、噂の域を出ず、定かではない。

で、あんまり仁の仕事にコレやってほしい、アレはイヤと言ってもキリがないですけども。

ハリウッド資本であっても、日本を舞台にしたハリウッド映画はもう・・・ねぇ??w←

いや、何らか「お仕事」あるだけで大変ありがたい限りではあります。

しかし、アメリカで歌手活動をするにしても、まずは顔と名前、知名度を上げることも大事。

私としては、オーディション、ガンガン受けてアメリカのTVドラマとかに出て欲しいんだけどね(まずは地道にゲスト出演wから)。

仁の出てるアメリカンドラマが見た~い!という以上に、とにもかくにも知名度を上げるために。

例えば、80年代に大人気だったオーストラリア出身のロックシンガー、リック・スプリングフィールド(1949~)のキャリアはこうです。

~wikiより~

シドニー出身。高校中退後バンド活動を始める。1969年にズートというバンドを結成し、当地で人気となった。バンドを解散した翌年の1972年に渡米。早速全米デビューするものの、売り出し方の問題からレコード会社を移籍、次のレコード会社では売れずに契約を切られ、その次はレコード会社が倒産するという不遇の時が続いた。

その後ルックスのよさを買われて俳優業に転身、1981年から昼メロドラマ「ジェネラル・ホスピタル」に出演し、人気者となる。同年に再開した音楽業では「ジェシーズ・ガール」が全米1位となり、グラミー賞の最優秀男性ロックボーカル賞も受賞した。


リックの場合、本人が志す本業は音楽であって、俳優業はあくまで知名度を上げるためのステップアップ手段だった・・・と他にもどこかで読んだことがある気がする。そういえば、何ヶ月か前に70年代の米TVドラマ「超人ハルク」のDVDをレンタルして見てたら、そのうちの1話になんとリックが警官役でゲスト出演しているのを発見。上記の通り、彼を有名にしたのは「ジェネラル・ホスピタル」ですが、無名時代にはこんなところにも出ていたのね・・・と、リックファンならずとも、ちょい胸熱になりましたw

もっとも、アジア人の出る幕は少ない。ハリウッド作品というと、どうしても日本を舞台にしたものになるのも致し方ないかもしれないけど、そこをなんとか! そこをなんとかどうにかしてその固い殻をブレークするのがJin Akanishiであってほしいと思ってる。

欧米人がイメージするヘンテコな日本人じゃなくて、カッコイイ(もしくは至ってノーマルな)日本人(or日系現地人)の役とか。
仁の英語は発音も美しいよ。役のために磨きをかければさらにBETTERなものになるはず。
日本から来た留学生wとかじゃなくて、アメリカ生まれのアメリカ育ちの日系人の役とか頑張ればできると思うんだけど。





よく思うのよ、アメリカのドラマとか映画とか、黒人の方々はいっぱい出てるのは珍しくないし、いっぱい出ていても違和感ないじゃないですか。

いや、その中でも本当の意味で頭角を現している人は一握りなのかもしれませんが、それでもアジア系に比べればよっぽど多い。


アジア系はたまにしかいないのが普通。
例えばオフィスを舞台にした作品なら、「ボス、お客様です」とか言いに来て画面にチラッと出てくる女性秘書役がアジア人とかw(しかもアジア系といってもいかにもアメリカ生まれのアメリカ育ちといった風情をムンムン醸し出していることが多い。例えて言うならルーシー・リューみたいなタイプ)。

人種のるつぼ、アメリカ。
日本製の製品(車とかw)がそこかしこに溢れているアメリカ。

しかしことショービズ界におけるアジア人の壁は厚いですね。

でも是が非でもそこに行ってみたい、壁を乗り越えてみたいと思ってるのが仁の気持ち・・・なのではないでしょうか??
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。