*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1%の可能性
ここで、もし99%ダメでも1%でいい、仁の可能性に賭けたい、とワタクシ再三申しておりますが。

こんなに長い休みが仁にとってプラスになるとは考えにくいのよ。
あの「半年間」の休暇明けだって、ぶっちゃけ前より歌が下手になってたし(その後だんだん持ち直していったものの・・・ていうか、ヘタというよりまず声量の問題かな)。

※あ、でも良かったことは、英語に磨きがかかったこと。もちろん帰国後も英語には努力を続けたでしょうけど、感受性豊かな若い頃に、たとえ数ヵ月という限られた期間であっても、外国で過ごしたことの影響は、語学力だけに限らず、仁の場合は音楽の方向性も含めて、それなりに大きいでしょう。

よく数ヵ月程度の留学(海外滞在)で語学がペラペラになるわけないと言われるけど、そういう目先の問題じゃなくて、ねw 人間が吸収できるものって語学だけじゃないっしょ。

アメリカで歌を歌いたい、ハリウッド映画に出たいって夢みたいなことwを言ってた子が、実際にアメリカに足を踏み入れて、アメリカを肌で実感してきたことは確か。
そういう感性の面での成長は評価したい。←何様御免w


そして休業直前の全米ツアー(2012)が、話を聞く限り、どうにも精彩を欠いたものに思えたことも不安要素。←少なくとも初めての全米ツアー(2010)の時にはそのような印象は受けなかったし、MTVに出た仁はダンスも堂々としていて実にカッコよかった!

それでも、その後も活動が続けられれば持ち直したのかもしれないけれど、そのまま長期の休養に入ってしまったのがいかんせん痛い。

いくら才能があっても、それを磨いていかなければ枯れてしまうよ。

それでも、です。
もしかしたら、もしかしたら、もっとBetterな状態になって戻ってくるかもしれない。
もしかしたら、予想外のものを見せてくれて、また私たちファンををあっ!と驚かせてくれるかもしれない。
その1%かもしれない可能性を信じて、望みをつないでる。


仕事で生保営業の人と関わることが多いんですが、業界ではカリスマ生保営業として名を馳せるA氏からこんなお話を伺いました。

A氏の先輩でこんな人がいたそうです。
ある会社に訪問したところ、先方からこう言われた。「我が社があなたと契約する可能性は99%ないですよ」
でもその先輩は、「ありがとうございます」とお礼を言ったそうです。
「では、契約していただける可能性が1%あるということですよね?」と切り返したとか。

その先輩はA氏が尊敬する「やり手」営業マンだったそうです。

ね? 1%の可能性って捨てたモンじゃないでしょ?w


仁の言葉で印象に残っているものがある。

アメリカに行きたいなぁ・・・って漠然と考えているだけではダメ。
本気で行きたいなら、パスポートを取って荷物まとめて着替えて飛行機に乗る。


・・・でしたっけ?

これ、「アメリカに行く」だけでなくて、人生のいろんな局面で活用できそうな考え方でしょ?


夢見てるだけじゃ、ダメなんだ。頭の中で考えるだけじゃ、ダメなんだ。
何かをしたいなら、行動あるのみ。

安室ちゃんも歌ってる(笑)。

夢なんて見るモンじゃない 語るモンじゃない 叶えるものだから

夢を(一部)叶えた、さらに大きく叶えそうになっていた仁さんはどこにいますか?

今、何を思っていますか?

よく、仁がどういう状況であれ、「仁が幸せならそれでいい」と言われるファンの方もいらっしゃいます。

それは正論であるし、もちろん一人の人間として、「幸せであってほしい」と思います。
不幸にはなってほしいなんて思うはずがない。

でも、一人のタレントとしてのみ見ると、極論すれば、私生活が幸せだろうがそうでなかろうが、私に言わせればそんなことはどうでもいいことなんです。

一人の才能ある者が、その才能をいかんなく発揮し、輝くところを見たい。
一人の才能ある者に、彼がまだ見ぬ世界を見せてやりたい。
一人の才能ある者が、羽ばたいていく、その背中を押してやりたい。

それ以外に何があるっていうの?
Secret
(非公開コメント受付中)

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。