*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人WONDERもアリ?w
16日に武道館で行われたBryan Adams(カナダ出身のロックシンガー。“18 til I Die”を謳う52歳w)のコンサートに行ってきました。

恐ろしいことに83年からブライアンを聴いていながら、ライブに行ったのは初めて(昔はCD・・・てかレコードwは買って聞くけどライブに行くほどの大ファンでもない、という程度のファンで、レコードやCDだけ聴いて満足していたので)。
初めて生で聴くブライアンのライブに1曲目から終始目に涙がにじみっぱなしでした。←まさか自分がそこまで感動するとは思わなかった(笑)。

さて、そんなことより。

ブライアンは他のアーティストとのコラボ曲を何曲か持ってるんですが、この日は曲紹介の時に、「この曲はスティングとロッド・スチュワートと一緒にやった曲」と言いながら、舞台の袖の方をチラ見、「(ロッドもスティングも)誰も来てないよ~(笑)」というやりとりの後、3人の曲(ALL FOR LOVE/全米№1ヒット)を一人で歌ってくれました。この曲はバラード?(というと若干語弊があるか)・・・まぁ普通のポップソングなので一人で歌っても別に苦しゅうないw、というタイプの曲ではあります。

聞くところによると、前日の公演では(武道館は2日間)ティナ・ターナーとduetした「It's Only Love」も歌ってくれたそうで。
※てかデュエットって死語?(笑) 雑誌はあるけどw いいの、そういう死語の時代(84年のアルバム「Reckless」に収録)の曲なので敢えてduetと言わせて下さい(笑)。「コラボ」なんて言葉はなかった昭和時代w

私は昔からIt's Only Loveがだーーい好きな曲で、個人的にはコチラの曲を聞きたくらいだと思ってましたが、duet曲だし、なんといってもこの曲はTinaのダイナミックな歌唱もあってこそ生きる作品なので、ライブでは難しいだろうと思って諦めてたんですが、ブライアン一人でも歌うのかー。
もちろんいちいちコラボ相手がツアーに同行するはずもないので、こういうコラボ曲ってライブのセットリストから外すのかなぁ・・・なんて勝手なイメージがあったので、良い意味で期待を裏切られました(笑)。

さて、ここからが本題。
これと逆のこと、仁ができないかな?
つまり、ライブではコラボだけどCDでは思い切って仁一人ヴァージョン。逆転の発想w

「WONDER」はクリケイさんのボーカルがあってこそ完成した形になるわけです。そしてあんなに素敵で小粋なPVだってある。
でも、権利関係の問題なのか何なのかわからないけど、こんなに長い間、本人もファンもCD化を望みながらいつまでも実現しないなら、いっそCDでは仁一人(クリケイさんのパートも仁がすべて歌うw)でもいいんじゃないの?とか思った。
もし権利の問題なら、Helpless Nightがクリケイさんベストアルバムの初回限定のみとはいえ、あっさりCD化が実現したのは何なんだろう?(←おそらくWONDERとのバーター案件かとは思いますがw)。
※たしかWONDERはジャニ側が、Helplessはクリケイさんサイドが著作権を持っていたかと記憶してます。

残念ながら、APONCAへの収録からは外れてしまったのには、どんな意味があるんだろう?

そもそも日生友仁が実現したのだって、この「WONDER」ありき(社長が認めたキッカケ)だったわけで、仁のソロキャリアにおいて画期的かつ重要なマテリアルである「WONDER」がこのまま放置されるはずもないとは思ってますが、なかなか思うように進まない現状に、思わずそんなウルトラC的裏技?wを繰り出していただきたくなる今日この頃です(笑)。

つまり、何を言いたいかというと、どんな手を使ってでもw、私はこの「WONDER」をアメリカで売りたい、アメリカに売り込みたいと思うわけです(笑)。この曲にはそうする価値がある。





余談ですが、前述のブライアン・アダムスもすぐに売れたわけではなく、3枚目のアルバム(Cuts Like A Knife)でやっと目が出て、その勢いに乗って4枚目のアルバム(Reckless)が世界的に大ヒットし、スターダムに昇りつめた人です。

だからというわけじゃないけど、そういう例はいくつもあるので、仁のことも長い目で見たい。
かといって、いつまでも売れないと容赦なく首を切られる(契約終了)・・・そんなことも珍しくはないシビアな世界でもある。

仁の場合、日本ではある程度売り上げも見込めるから、すぐにどうこうということはないだろうけど、グローバル契約の「海外部門」はどうなってるんだろうとか思ったりする。

だからってあそこまでえげつない売り方には見た(聞いた)だけで辟易。アーティストだのなんだの言っても売り方は極めてアイドル的なのは、「背に腹は代えられない」ということなんでしょうね・・(苦笑)。
Secret
(非公開コメント受付中)

お久しぶりです。

ブライアンアダムス 懐かしいです。私は高校の時 独りで 大阪城ホールにいきました。彼のロックなナンバーが大好きでした。アマノンさんと一緒で嬉しいです。

wonder ほんとに 世間様に これぞ赤西って見せつけてやりたい1曲ですよね。ホントに 実現できないかな・・・・。

ついにウルトラC的裏技登場ww
いや、もう~WONDER、CD化の為ならD難度でもE難度でも使っていただきたい!!←まるで体操^^;

以前私はWONDERについて、アルバムからサードシングルあたりで、しれっと出してほしいみたいなことを書きましたが
アルバム収録曲に無かった時点で二つの理由を考えました。

一つは何らかの出せない事情がある。
それこそ権利上の問題なのか事務所の都合なのか、素人にはわかりません。でもあれだけ本人が希望してて未だに実現しないって事は相当高い壁があるようにも思えます。

もう一つは…機を待ってる(あるいは単純に今回のアルバムの路線に合わなかったから)
願わくばこの理由であってほしい!!
テスドラ&SBDがitunesダンスチャート1位を取ったと言っても
それはほんの一瞬の事で、まだまだUSにおけるJINの知名度は皆無に等しい状態ですよね。
今WONDERを出しても、一部の人(ファン)だけの盛り上がりで終わってしまう危険もある。

なのでまずUS向けの曲中心のアルバムを出し、全米ツアーである程度JINの名前を知ってもらい
年末の47RONINで更に(一気に?)知名度upを狙う(笑)
で!!満を持してWONDER登場~!!!みたいなww←もう完全に自分の勝手な野望^^;
(もちろんそうなる為にはプロモが大事だったり、簡単にいかない事は十分承知です)

ただ、前にも言った通り、あまり遅くなるとPVの仁と現在の仁の年齢差がどんどん広がっていっちゃうんですよね(;;)
作り直す事は出来るだろうけど、この曲に関してはそれをしてほしくはないです。
何とか早いうちに実現させたいですね!!
WONDERのCD化、私も絶対諦めません。

※そう言えば武道館で見たWONDERは仁一人ver.PVでした。
過去に無い映像も加わり更に素敵に進化してたので、やはりあれを丸ごと見たいです。
この際ウルトラ技でも何でもいいので(笑)









WONDER!!
 私も『WONDER』諦めません!!
 すべては『WONDER』から始まったんじゃねぇのか、爺さん!!
 PVもレベル高いですよね。これこそ踊る赤西仁!○眼にも見やすい編集になっています(笑)
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。