*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
守るだけが人生じゃない
FCIモーニングEye見ました。
仁がちゃんと顔を見せて、意欲的に語っているのを見たらホント頼もしくて。
ツアーのコンセプトの通り、仁の目は未来に向いているんだなと改めて感じた。
「守るだけが人生じゃない」って「SHOT!」のじゅんのパートですけど、今日この曲を車の中で聞いて、心に響くものがありました。

さて、今日は必ずしも仁とは関係ない話なんですけど、とあるミュージシャンの話をします。

その人の名前はピーター・フランプトン(Peter Frampton)。1950年生まれのイギリス人。シンガー、ギタリスト、ソングライター。
フランプトンといえば、1976年1月にリリースした2枚組ライブアルバム「Frampton Comes Alive!」が1年間にわたって全米アルバムチャートの上位を独占し続け、全世界で1,200万セットを売り上げ、スーパースターの座に駆け昇った人。
しかし一発屋・・・というと語弊があるが、翌年出したオリジナルアルバムはライブアルバムの余波もあってか(?)ヒットしたものの、70年代の終わりと共にだんだん忘れられていった・・・。ということは一定に年代以上(笑)のコアな洋楽ファンの方ならご存知のことでしょう。

そのフランプトンは7歳で初めてギターを手にし、8歳にしてプロのミュージシャンになることを決意。
16歳の時にアイドルバンド、The Herdに加入してプロデビュー。その端正なルックスで一躍大人気アイドルとなり、1968年頃には「68年の顔」と言われるまでになる。
しかしアイドルスターとしての自己に満足できなかったフランプトンは69年にHerdを脱退すると、Small Facesのギタリストだったスティーヴ・マリオットと共に新たなバンド、Humble Pieを結成。
ところが2枚看板だったマリオットと徐々に音楽的方向性の食い違いが生じ始めたことから、3年後にはハンブル・パイを円満脱退。
その後はスタジオ・ミュージシャンとして腕を磨く一方、ソロアーティストとしてのキャリアもスタート。
1974年からは本格的にアメリカに渡って、まさに「草の根」運動のように、ライブツアーを行っていく。
75年あたりから彼のライブは評判になり、6ヵ月の長丁場で敢行した全米ツアーのハイライトをまとめたものが上記の2枚組ライブアルバムとして結実していくわけです。

8歳でプロを目指すくらいだから、元々アイドルになりたかったわけじゃなくて、純粋に音楽的志向の強い人ではあったんだろうけど、自分のやりたい音楽のために安定(といってもザ・ハードやハンブル・パイは必ずしも安定していたわけではないにせよ)を捨てて、ソロになり、さらに単身アメリカに殴り込みをかけて・・・というところに、時代も立場も国も超えて、シンパシー(共鳴)を感じてならない今日この頃で、もうずいぶん昔に買った「Comes Alive」のCD(←何がそんなに良くてあんなに売れたのか知りたかったので)も結構聴いてます最近。
※バンド系なら「音楽性の違い」で脱退だの解散だのは珍しいことではない(だからフランプトンが特異な例というわけではない)けどね。

後から思えば不思議なんだけど、Comes Alive(つまりコンサート)のオープニング曲はSomething's Happening(何かが起こっている)という曲で、その歌詞には
Who said it's my year?(1番)
I know it's my year(2番)
とあり、その詞の通り、1976年はフランプトンの年になったのよね。
さらにアルバムのタイトル「Frampton Comes Alive!」も日本語風に言えば、「フランプトン、生きてここに参上」?(爆)
元アイドルということで、偏見の目で見られたこともあったらしいです。
でもたった一人でここまで成し得た・・・・という彼なりの意地みたいなものも感じますね。今にして思えば。

・・・・とそんなことをツラツラと考えていたら、仁担の間で話題のトシ・カプチーノさんも携帯サイトで

将来を見据えた彼の決断とオリジナリティーを追求する姿勢にエールを送る

と言ってくれてるそうで。私も全く同じ気持ち。

あたしは仁がアメリカに行くことには大賛成で、4年前に仁がLAに行ってた時、もしどうしても日本の芸能界がイヤなら(あるいはジャニーズ事務所本体?それともKAT-TUNというグループそのもの?がもしイヤなら・・・といっても彼の本当の心情はわからなかったけど)いっそそのままアメリカにいろ。難しいかもしれないけどジャニの手の届かないアメリカで音楽活動をすればいい(←日本にいて事務所に妨害されるのが怖かったから)。とにかくどういうカタチであれ音楽とダンス(=エンタメ界)だけは絶対にやめてくれるな、と祈るように思っていたことを旧ブログに書いたことがあるけど、まさかジャニーズ事務所のバックアップで仁がアメリカに行ける日が来るなんてあの時は夢にも思わなかったなぁ。

そうそう、拍手コメで教えていただきましたが、壮行会で仁がゆっちとコラボったエミネムの曲の歌詞が

音楽はあなたのものだから手放すな たった1度のチャンスを逃すな

という意味(概要)だったそうで、そこを敢えて選ぶなんて仁も自分の進むべき道、やるべきことがわかってるじゃん(笑)

・・・って、ここまで書くのに、書いては保存し、書いては消しで、2週間くらいかけてしまいました(汗)。
ずいぶん間が空いてしまってごめんなさい。
Secret
(非公開コメント受付中)

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。