*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと描いてきたものと違う形の現在(いま)
twitterの方でKAT-TUNソングの仁パートにツッコミ入れてます。
パート割をどういう風に決めてるのか知らないけど、非常に巧い具合に「ココはこの人が歌うのがふさわしい」という割り当てになっていて、仁のパートなんて本当に仁にピッタリだな・・・と思える部分がちょこちょこあり・・・
思い出したらtwitterでちょいちょい触れていきたいと思ってます。

それにしても、KAT-TUNというグループってつくづく不思議。
言霊じゃないけど、どういうわけか歌詞の通りのことが起こってしまうというか・・・(ここは普通に笑うべきか苦笑すべきか・・・?)

仁が最初に休業した時は「Peacefuldays」を聞いて(歌詞を読んで)泣いていた。いや、愕然としていた。

ずっと側にあったモノが突然消えてしまったのなら
どんな不安を抱えるだろうどんな痛みに泣くだろう?
ずっと側にあるんだと自信過剰になってしまったら
どんな仕打ちにあってしまうのだろう?


・・・ってなんとなくあの頃のメンバーの胸中のようにも、あるいはファンの想いのようにも思え、

ずっと描いてきたモノと違うカタチの現在(いま)であっても
いろんな愛で溢れてるいろんな夢で溢れてる
ずっと信じてきたモノはこれからもずっとこれからも
いろんな場面でチカラになるでしょう


3年前だったら仁が戻るか戻らないかわからなかった時でも、それでも愛も夢も溢れてて、それで仁が戻ってきて、いろいろあったことはすべてGの血となり肉となりパワーに転化される・・・と思えたんだけど、今見るとこの曲の歌詞はなんとなく切ないね。
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。