*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ進出への狙い
YOU&JIN U.S.AならびにClub Nokiaのサイトをリンクに加えました。

友仁サイトではTVCMも見られるようになって・・・
そのCMを見るまでもなく、仁がアメリカに持って行くのはやはり「友&仁」というSHOW品(商品)なんだよね。

で、その先にあるもの、仁あるいは事務所(ていうかジャニーさん?)が本当に目指している狙いは何なのでしょう?










アメリカでの仁。
何がどうなっていくのか、今はとにかく6月のClub Nokiaでのプレゼン(とでも言うべき)公演の結果次第ではあるでしょう。

私は以前も書いたように、アメリカでの成功とか失敗云々は別に心配もしていなくて、それ以上に仁が(おそらく一番極めたいと思っているであろう)歌やダンスを中心としたパフォーマンスを、夢の舞台であるアメリカという場所で思い切り悔いなくできることを願ってます。それが仁が最も望んでいることじゃないかと思うので。

なのでまずJin's weaponはYOU&JINというSHOWそのものであって、それをアメリカで披露することが第一の目的。
うまく行けばクラブツアーという流れですか?

で、私のイメージとしてはクラブでのGig(演奏)というのは基本的にメジャーデビューを目指すものでしょう?
仁は、そして事務所はあわよくばCDを出したいと思っているのかしら??

少し前にラジオon air大作戦(←)のことを書きましたが、最近のアメリカでのMTV事情はどうなんでしょう?

既に本国でデビューしているアーティストがアメリカに殴り込みをかける場合、曲そのものの出来はもちろん大前提として、それに加えてスタイリッシュなPVも人間の視覚に訴える面で外せないと思う。
80年代前半にBritish Invasionという波がアメリカに押し寄せてイギリスのバンドが「にわかブーム」の如くアメリカで次々大ヒットを飛ばしたのはMTVとの連携が必要不可欠だった。

21世紀の多チャンネル時代の今、PCを開けば動画サイトもあるし、MTV一つでその時ほどの影響力はもはやないのかもしれない・・・。

だとしても。
「WONDER」のあのPVなんかは十分に戦闘兵器として役割を果たしてくれるのではないかと。
気が早いかもしれないけど、そんな期待も密かに(でもないか、ここに書いてるし。笑)している今日この頃。
あれだけのものをつくっておいて、それをコンサートという空間だけのものにしたくないのだよ。
まずはYOU&JINで諸々の作品を披露する。その上でステージ後ろに流れるであろう「WONDER」のPVという絶好の宣伝材料が誰かの目に留まってほしい。
この曲を売り出したい、売り出すにあたってこんないいPVが既にあるじゃないかと誰かに思わせたい。

(海外のスターで憧れてる人がいるというより)海外の環境が羨ましい。
芸能界のシステムとか全然違う。
それによってできることも、やるために進んでいくプロセスも全然違う。
僕がやりたいと思っていることはそっちの方がしっくりくるのではないか。
成功するかどうかはわからないし、向こうの世界は広いし、本物はたくさんいる。
そこで通用するスキルが今あるかと言えば、自分ではまだそうではないと思う。
それでも自分がやろうとしてるスタイルはそっちの方が向いている・・・というかやりやすいんじゃないかと。
日本だといろいろと面倒くさいこともあるから。

たとえばクリスタル・ケイと話しているうちに本当に共作できることになったけど、それはまだCD化していない。
向こうだったらそれはすぐCD化するのが普通じゃないですか。



・・・・「FREECELL」でこう語っていた仁の希望がどこかで実現しますように。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
やっぱりまだ揺れちゃうみたいです(泣)
仁には本当に頑張って欲しいし
心から応援もしてる。
でも、「海外の環境が羨ましい」なんて言われたら
帰ってこないんじゃないかと思ってしまう。
やっぱり私は仁に
KAT-TUNのAとしてやっていて欲しくて、
その活動の中で少しずつ海外でやる
っていうのが希望なので。
多分こんなだからゴシップにも
惑わされるんでしょうけど(汗)
でもどうなってるかは未来のその時にしか
分からないですもんね。
最近自分でも分からないです。
何を求めてるのかも、どうしたいのかも。
ゴシップで揺れるけど応援したいし、
仁が笑顔になれるならそれでいいとも思う。
でもやっぱり6人のKAT-TUNが1番好き。
揺れすぎて疲れるくらい揺れちゃいますね。

いろいろ長々と失礼しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。