*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢みたいな話
YOU&JIN U.S.A.が決まったことで、仁がこれだけある意味「優遇」されている(と思われる)と、その代わりに、例の「WONDER」のCD化やら日生での友仁のDVD化が逆に遠のいたりしないだろうか・・・?と不安になったりもしますが・・・(苦笑)

友仁のDVD録りも販売用というより、他ブログさんでおっしゃっていた「ジャニーさんの鑑賞用」(←爆笑)ならぬ、U.S.A.版を見据えた記録用(プロモ用)だったのかしらん??と思ったり。
いや、いつかは販売されると信じよう。

それよか「WONDER」CD化に私がこだわるのはワケがあって。
すっごい夢みたいな話なんだけど、CDにさえなれば英語の曲だけに(歌詞もただのラブソングじゃなくてメッセージ性があるし)、アメリカのラジオ局でかかったりしないかなぁ・・・という密かな野望(笑)があった。

最近のアメリカ音楽市場でラジオの影響力がどのくらいあるかわからないけど、その昔は、例えば地方局のDJに気に入られて(←追記:アメリカで無名のアーティストの場合に限る)ちょこっと流してみたらリクエスト殺到→やがてそれがジワリジワリと全米各地に広がり、最終的に全米チャートの結構イイ線(TOP10入りとか)まで上がっていく・・・という奇跡のようなヒット曲が稀にあった。
※例:Charlene(シャーリーン)の「愛はかげろうのように」(I've Never Been to Me)は発売当時(1976年)は全く陽の目を浴びることなかったが、地方局でのエアプレイがキッカケで発売から6年後に全米で大ヒットした。
あと西ドイツ(当時)のバンド、NENA(ネーナ)の「ロックバルーンは99」(99 Luftballons:オリジナルはドイツ語詞)なんて曲もアメリカでヒットしたキッカケはラジオだったらしい。いずれも80年代の話です、えぇ(苦笑)。ですがいずれも有名な曲なので耳で聞いたら「あ、この曲知ってる」と思えるかも?


別にヒットしなくてもいいから、それよりこの優れた楽曲を少しでも広く世に問いたい、と思うわけです。
それにはDL(ダウンロード)じゃなくて「CD」という現物が必要なのよ。
CDさえあればそれがカップリング曲だろうとアルバム収録曲の一つだろうと何だろうとアメリカのラジオ局に現物送りつけてやりたいくらいだと思ってたよ(笑)。だまされたと思って聞いてみて!って。あるいは現地の友人に頼んでリクエストしてもらうのにィ~~!!などと心中密かに思ったりした(笑)。

そんでひょっとしてもしかしてラッキーなことにそこで好リアクションがあったりなんかしたら、ジャニーズ事務所も少しは考えるでしょ!?とか・・・・いろいろ私なりに思いを巡らせていたわけですよ。笑

・・・以上、「WONDER」を足がかりに仁のアメリカ進出を密かに夢見ていた頃の(妄想)話でした!

それにしても・・・
まさか今回こんな変則的な形で仁のアメリカ行きが実現するとは夢にも思わなかったけどね。

ジャニさんが仁のソロライブをやろうと持ったキッカケが「WONDER」で、そのソロライブがアメリカ進出の足がかりになった。
仁があれだけことあるごとにCD化にこだわった「WONDER」が奇跡を呼ぶ曲になってくれたらいいんだけど。







ところでラジオでのオンエアはさておき、アメリカ進出のイメージ的には数年前にB'zがたしか西海岸のクラブツアーのようなことをやったので、そういうパターンを想像しておるのですが・・・。

ウロ覚えですが、たしかこの時アメリカでのライブをネットで中継っつーか、CDを買うとパスワードが入っていて、それを使えば1回だけライブにアクセスできる・・・というような試みをやっていたように記憶していますが・・・。

ただ、それを見るためには「何か」をDLせねばならず、PC事情に疎いワタクシはそれがうまくいかなくて、もったいないからパスワードはB'zファンの別の友人にあげちゃった(←)。
Secret
(非公開コメント受付中)

この場をお借りして
携帯からの上に時間がないのでどこまで書けるか…と前置き。


B'zの西海岸ツアーは確かにネットで生中継されました。どのような方法だったのか記憶は曖昧ですが、当時の私は接続して見ました。
ただネット環境が良くなくて(まだ我が家はアナログ回線でした)、画面が粗くて音声も途切れ途切れで結局はリアルタイムを諦めました。
その後、BSデジタル全局でそのツアー密着の2時間番組があり、とても嬉しかった!今でもたまに観たりしています。


ので、ぜひっっっ!!!
仁さんのロス公演も現地ケーブルテレビ局?がサポートしているならなおさらのこと、放送していただけますように、この場をお借りしてお願い致します!

そして、日本でもアメリカでも構いませんので、WONDER♪含めたアルバム発売も、併せてお願い致します!!!
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。