*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIVEは1度きり
本当に仁事が何も聞こえてこない今日この頃。
ブログ更新も考えあぐねてしまいます。
公に聞こえてくる情報がないからこそ、非公式のファンブログに何かを求めてしまうよね(笑)。少なくとも私はそうです(笑)。

ところで仁友のkさんが今月アタマに東京ドームで行われたB'zのコンサートに・・・行けなくて(彼女、2月の友&仁で燃え尽きすぎてB'zにかけるエネルギーがもはや残っていなかったそうです。笑)、その代わり参戦されたお友達からパンフレットを受け取ったそうです。
そこでは稲葉さんの日常や喉・身体管理、ライブ前の準備などについてかなり内容の濃い~インタビューが掲載されていたそうで、私も元(?)ファンとしてちょこっと教えてもらいました。
※今でもB'zの音楽性などはやっぱりいいとは思ってるしCDを買ったり聴いたりはしますが、悲しいかな、仁にかけるほどの強い関心や情熱が持てないのが現状(苦笑)

その中で、稲葉さんは(かいつまんで言うと)

LIVEは1度きり、DVDになったとしてもそれはDVDという作品であってLIVEとは別モノ、観る場所、観えない場所も含めてLIVE GYM

と語っているそうで、なんだかこの言葉に非常に胸打たれるものがあった。

というのも、友&仁・・・私も勿論そうだしファンの誰もがDVD化を望んでるじゃないですか。
今回残念ながら参戦できなかった人、仁が大好きで申し込みしたくても海外に住んでいるからFC入会すらままならない人もいるし、私自身は幸運なことに参戦できた・・・といってもやっぱり改めて観てみたい・・・とは思います。

なので「DVD化希望」を大前提にしつつ、それでもDVDって何か違うよな・・・と思う自分もいる。
あの場所で生で実際に体験できたものが自分にとってすべて。基本的に同じことをやってはいるけど、それでもその都度微妙に違うところもあるでしょう。

あぁうまく言えない。つまりですね・・・
KAT-TUNコンの時はそんなこと考えなかった。ツアーが終了すれば当然のようにDVDを観たいと単純に思ってた。
ところが友&仁を観た後はちょっと自分の中でも違ってて。たしかにDVD化されればそれはそれで嬉しいに決まってる。でもそれは(稲葉さんも言うように)あくまでDVDという一つの作品に過ぎない。自分が観たものとはちょっと違う・・・・などと少し前から思い始めてました。それくらい、いつもとは違う友&仁が強烈な印象を残したというのもある。
※それと・・・BreakコンのDVD、私はドーム最終日に入れたので撮影されたその現場にいたにもかかわらず、なぜか自分の観たものとの違和感を禁じ得なかったことも関係しているかも。←これはカメラワークと編集の仕方如何にもよると思いますが・・・。

自分の中でうまく言葉にならなかったものを、思いがけず稲葉さんにズバリ指摘してもらったような感じ。

20年以上にわたってあれだけ数多くのライブをこなしてる稲葉さんをして「LIVEは一度きり」という言葉も妙に重い。ライブは生モノ、そして「一期一会」という言葉をわかっていらっしゃる。
それほどの「覚悟」を持って、かつ惰性に流されることなく、ある意味「病的」なほどストイックにライブに臨むその姿勢はもはや求道者の域ではなかろうか。
※「きゅうどうしゃ」神の道を求めて修行する者。「ぐどうしゃ」と読む場合は仏の正しい道を求めること。転じて、人の世の道理を求めること・・・だそうです(by岩波辞典)

ありゃ・・・仁ブログという場なのになぜか稲葉さん絶賛(笑)

kさん曰く、なんでもこのパンフレットには仁にも聞かせたい言葉がてんこ盛りだそうですワ(笑)。
そのkさんが明日東京に来るので会う約束をしていて、不肖アマノンにも読ませたいとのありがたーい御言葉もあり、インタビュー部分のコピーを既にご用意して下さってるそうです(笑)。
Secret
(非公開コメント受付中)

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。