*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Really amazing!!
本日一部(13時開演)に入ってきました。

んーーー、何を書けばいい??
丹念にレポを上げられてる方もいらっしゃると思いますが、言葉が出てきません。
とにかく見ろ!見なきゃわからないよ・・・って思いました。
ただただ、食い入るようにひたすら仁だけを見つめ、仁だけに集中できた幸せな2時間超でした。
ネタバレしたくない方もいらっしゃると思うので、部分的な感想は続きにちょこっと書かせていただきます。

会場の様子ですが、相方と私は12時チョイ過ぎに到着し、すでに入場が始まっていたので(初日から1時間前には入場開始してたそうですね。しかし席入りは開演30分前からのようです)とりあえず外の列に並びました。
入場からして結構長蛇の列で、開演前にグッズを買うのが無理そうだったら終わってから買おうか・・・と話していたんですが、案外回転率がよくて入場→グッズ購入終了し、自分たちの入る2階フロアに上がったらそれでもまだ12:35。
トイレにもまだ余裕で行けて、しかも空いてました。
※なお、上のフロアに上がる時はチケットチェックもないので、たとえば1F席の方でもトイレをお急ぎの時は2階まで上がってみるのも手かもしれません(←絶対空いてるとは限りませんが、ご参考までに)。

あと、20~30分程度ですか?途中に休憩時間もあるので、トイレに行きたい方はそこでダッシュすればすぐ入れるかと・・・。私はそんなにダッシュしたわけではありませんが(笑)行った時はそうでもなかったのに、出てきたらちょっとした長蛇の列になってました。てか、さっきからトイレ事情ばっか話してるけど何気に重要だよね?(爆)
もちろんこの休憩時間でグッズを買いに行かれる方もいらっしゃると思いますが、その日ごとの混雑状況にもよるとはいえ、時間的にはわりと余裕があるんじゃないでしょうか。
なお、終演後のグッズ売り場はガラガラなので、もし開演前に買えなくてもドンマイ! お時間に余裕のない方でも余裕で買えると思いますヨ。

※続きは今日の感想みたいなものです。ネタバレNG派はここまで。































思ってた以上に英語の曲が多かった。
英語でも日本語でも私はどちらでもいいので、日本語曲にこだわりもないのに、涙がにじんでしまったのがなぜか「care」と「eternal」。
特にcareの激しさたるや、もはやバラードを超えてロックか!?と思ったくらい(笑)。
何だろ、仁が心から音楽を愛しているという心の叫び??的な激しさという意味ではこの日一番だったように私は思えました。
2階席から双眼鏡で仁の表情を見た時、仁も涙をにじませていた・・・ように見えた・・・(汗かもしれんが。爆)
以前にも書いたように(→コチラ)、私は他の仁担さんほど「care」という曲にこだわりがあるわけでもなく、むしろ「PINKY」をやってくれないかな・・・くらいの淡い期待をかけていたのですが(笑)、そんな私でも初めて生「care」を聞くことができて、本当に感動しました。

あと「eternal」。
これさ、今だから言えるけど昨年のPソロコンで演った(やった)こと聞いた時はめまいがしそうに口惜しかった。
場所がPコンだけに山P系の曲なら納得できた。でもこれは仁が創った曲なんだよ。詞も曲も。
それを仁担が聴く前に(いくら親友でも)どうして他人のファンだらけの他人のコンサートで先に披露してしまったのかな・・・と。
もちろん仁はファンの所有物ではない。ファンの思い通りに動くわけではない。理屈ではわかっていて、いくら自分にそう言い聞かせても、正直泣きたいほど・・・信じられないほど落ち込んだのよワタクシ(苦笑)。
なまじ歌詞も曲も心に滲み入る名曲であることが更に追い打ちをかけた(笑)。
しかし今となってはそのおかげで(笑)この曲の由来(友達の結婚式のために創った)がすでに仁担には浸透しているし、余分な言葉を足さずに仁もパフォーマンスだけに集中できて、流れ的にも最高なモノに仕上がったと思う。
この曲の歌詞はすべて好き。特に心に響く部分がここ↓

たとえば 願いが かなうなら
悲しみの涙が もう二度と あなたに こぼれないように
魔法を かけてくれますか


こんな言葉を紡げる感性を持っている仁が好き。

そして歌詞と言えば「A Page」。
事前に某ツベで予習だけはしたので好きなタイプの曲だとは思ってましたが、ライブで聞いて本当に感動しきり。

ライブ後、相方とお茶した時に和訳(かなりの意訳だそうですが)をプリントアウトしたものを見せてもらい、読みながら思わず声に出さずにはいられないほど胸打たれました(涙)。
私が音読(←)しちゃうもんだから、相方に「声が大きい」って注意されたー(爆)。

この曲の歌詞といい、パンフレットの言葉といい、もうどんなことがあっても仁を信じてついていけると思う。
FREECELLと併せて読むと、もう仁もいろんなことを腹くくって自分の責任でやってるんだからいいんじゃないかなって。

基本的に私は盲目溺愛型のファンじゃないから、このところ苦言めいた言葉が続いて(それでもここに書くからには精一杯遠回しかつマイルドにまとめてるつもりでしたが)、そういうご指摘もいただいて不快な思いをおかけした皆さんには申し訳ありませんでした(笑)。
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。