*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蘇生
コメレスをお休みさせていただいているのに、拍手コメントありがとうございます。
ランキングから外れたことで少し驚かせてしまった方もいらっしゃると思います。
また、今さら言うてもナンですが(笑)、ランキングからここを覗きに来て下さってた方々にはご不便をおかけしてすみません。









去年の暮れくらいから雑誌での発言を目にする度にほとほと疲れてました。ファンなら仁の真意を汲み取ってやれよ!という話かもしれませんが、そんな風に言葉の裏を読むことすら疲れてた。「俺の発信するものを信じてほしい」と言われて、それで発信するのがこういうことなの?ってことが多すぎて。
何をどう言おうと、それでもファンに見せてくれるものが納得できるものであればそれでよかったんだけど、本人の発言(意向とか姿勢)そのままを反映したようなベストアーティストやMステSPでのパフォーマンスが追い打ちをかけて、私自身すごくしんどくなってしまった。

特にMステSPを見て、ずいぶん前にこんなコメントをもらったのを思い出した。
※内容から見て、たぶんKAT-TUNが何かの歌番組に出た時か、もしくはライブ時の記事へのコメントだったかな?

歌上手かったですか?(私にはそうは思えなかった・・・というような言葉の後)
以前は歌番組に出る時は一般の友達にも「ジャニーズとは思えないくらい歌が上手いの!だから一度観てみて!」と勧められたのに、今は自信を持ってそう言えなくなってきた


・・・・というような内容だったと思う。
なんだかねー、歌の上手い下手以前に、いわゆる全盛期に比べると声そのものが出にくくなってるのを悲痛な思いで見てしまったのだよ。
元々「声量が太い」タイプではないのはわかっていても、それでもこれはないだろうと。

さらに言えば、私には仁がKAT-TUNに対して、あるいは自分がジャニーズにいることに対して関心を失ってしまっているように思えたのです。その要因の一つとして考えられたのが「音楽性の違い」。すっかり洋楽志向になって、歌詞も英語の方が合ってるのか自作の歌詞は英語の曲が増えていって・・・あ、私は英語の曲でも大歓迎だよ(もちろん日本語曲も然り)。
しかしそういう意味では、いくらロック色が強いといっても所詮はJ-POPの一環であるKAT-TUNではもう仁のやりたい音楽はできないのかなーとか・・・いろいろ思ったワケさ。

そんな中、POPEYEでの一言にどれほど救われたか。

今はKAT-TUNでずっといけたら、と思う

なんか信じられなかったけど、仁の中にもこういう気持ちがあったのか・・・という驚きと感動と。
この一言でここしばらくたまっていたモヤモヤが吹っ切れて、気持ちが蘇生できた。
日頃幾度となく語っている「プライベート」がどうのこうのよりも、はるかに強いポジティブなエネルギーを感じたんだよ。

そういえばコバタケさんがKAT-TUNの打ち上げに行って「赤西もここ(KAT-TUN)はここは大切にしているのが伝わってきた」というようなことを言ってたじゃないですか。それはそれで真実なのはわかる。
なのに同じインタビューで仁は「仕事で群れるの好きじゃない」なんて2度も言っちゃうのをハラハラしながら見てた(苦笑)。

そのコバタケ氏は、仁とは対称的に「仕事も友情がベース」。
たくさんの取材を受けてるから発言がダブるのは当然だけど、コバタケさんは(私の知る限り)仁と一緒の取材で2度もそういうことを言っていた。
それは元々コバタケさんの持つスタンスではあるだろうけど、それだけでなくて、もしかして仁に対してさりげなくメッセージを発しているのかもしれないと思った。
仕事とプライベートをキッパリ分けると連呼する仁に対して、コバタケさんは仁の倍生きている分、いわゆる「年の功」もあって何か思うところがあったのかなぁ??とか思ったよ。
Secret
(非公開コメント受付中)

今日はオーラス。
楽しんできます。
双眼鏡なしでね(笑)
仁の音楽、仁の言葉を借りるなら世界感を体で感じたいと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。