*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豊かな国ニッポン
6人でカツカツロケがあったらしい話を聞いてましたが、それが今週のだったとは・・・。
てっきり来年のSP用かと思ってました。
いろいろ無駄な部分はあったけど、やっぱりKAT-TUNの番組としてやるからにはたまには6人でのロケも見たいよね。むしろゲストなんかいらないから「6人で何かをする」ところがあってこその冠番組だと思うし。

天狗のお面をかぶるのに、わざわざニット帽かぶる必要あるか?とか、帽子をかぶるために髪をかき上げてるシーンに「素」の仁が垣間見えたり、小声で「あっちぃ」と言いながら汗をふいていたり・・・
仁についてはいろいろと楽しませてもらったよ。でも・・・

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

23日~25日までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】






あの大量に買い込んだ高級食材はいったいいずこに・・・?
・・・って心配しなくても、おそらく番組に映らない部分で消費はしているのだろうけど、(演出とはいえ)どうせまともに料理などできない所に行くのがわかっているのに、あの無駄遣いぶりには薄ら寒いものを感じてしまった。

別にメンバーが悪いわけでもゲストが悪いわけでもない。
「大物芸能人の家に行く」という設定だもの。そういう演出(筋書き)の下で皆が行動していただけ。

こっからはすっごい余談。
いきなりだけどポーランド人の知人、Yさん(男性)の話。
Yさんはワルシャワ大学の日本語科を出た人で(なので日本語はペラペラ)、最初の結婚で息子を一人もうけた後、離婚。その後、同じくワルシャワ大・日本語科卒のEさん(も日本語ペラペラなポーランド人)と再婚して、今から20年以上前の80年代半ば頃、関東地方の某国立大学に留学していた。
夏休みになった時、彼は前妻が育てている息子(たしか当時10歳くらいだったと思う)を日本に呼び寄せて、二人で車で日本中を旅行したりしていた。
その頃のポーランドは民主化直前期で、まだまだ物資が不足・・というか決して十分ではなかったような時代だったと思う。
私は妻のEさんには英語やたまにフランス語も習っていて(彼女は東大に留学経験もあり、4ヶ国語に堪能な才女だったのよ)、特にEさんとは先生という以上に姉のような・・・大変親しくさせてもらっていたので、よくポーランドに一度遊びにおいでよと言われてて、内心「もし行くなら日本からトイレットペーパーを何ロールか持参しないとヤバイよねぇ・・・」とか思っていたくらいだから(爆)。

前置きが長くなったけど、そんなポーランドから初めて日本という豊かな国にやってきたYさんの息子は、スーパーに連れて行った時に目を丸くして、こう言ったそうな。

「こんなに物がたくさんあって、日本の人たちはどうやって選んでいるんだろう?」と。

なんとも子供らしいイノセントな視点で、でも真剣にそう言っていたらしい。笑

きっとポーランドでは(少なくとも当時は)あるものをとにかく買う!という感じで選択の余地なんかなかったんだろうと思う。
この話を聞くまで、「どうやって選ぶ?」・・・なんて考えたこともなかったよ。
だって目の前には当たり前に物がたくさんあって、それをたっぷり享受するのも当たり前だったから。
好きなもの、欲しいもの、いらないもの・・・取捨選択の自由が日本にはあったから。
でも「選ぶことに慣れていない」・・・そんな環境に住んでいる人のことを思ったら、たとえ豊かな環境にあっても物は大切にしなくちゃいけないと改めて思ったし、彼の言葉には自分の知らなかった世界を知らしめてくれたと深く感じ入るものがありました。

その後、80年代終わりから本格的に民主化の道を歩み始めた今のポーランドではもうそんなこともないだろうけどね。

モノがあふれてる日本、それを無駄に消費する日本・・・そんなシーンをたまに見る度に、「日本の人たちはどうやって物を選んでるの?」と言ったあの子の言葉をどうしてもいまだに思い出してしまう。

だから何が言いたいかというと、あの買い込んだ大量の食材をはじめとするいろいろな物たちが無駄になっていないことを切に願う・・・。まぁ大丈夫だろうと信じてはいるけど。笑
Secret
(非公開コメント受付中)

拍手レス
23日 ぽんずさん:
二十歳の戦争、いいよね♪ アルバムは映画公開前に発売だけど聴いてから観るか、観てから聴くか・・・最近ネタバレ否定派のワタクシは迷ってます。笑

25日 仁美さん:
「メンバーに買い物をさせる」というのが見どころの一つなんだろうけど、あれだけ買い物させて何もしないくらいなら、いっそそれを持って子供のいる施設訪問とかボランティア的な企画でもやってほしい。♪Do they know it's Chirstmas time at all?のメロディーが頭の中をよぎりました。

25日 エルザさん:
ありがとうございます。今までもこの番組でチラホラ無駄遣いを見てきて、その度にあの子の言葉を思い出してました。
コメレス
wさん:
もちろん覚えてますよ! いつもありがとうございます。
そうですね、深く考えずに番組のノリだけ楽しめばいいのかもしれませんが、それにしても数万円分買い込んだ高級食材が気になりました(笑)。
今回のロケでは番組史上初?仁亀が同じチームで買い物してたんでビックリでした(笑)。しかもオリーブをあんなに買おうとしてたのも仁が一時期オリーブに凝っていたせい??とか思うと、楽しめる面もあるにはあったのですが、オチが全く笑えず残念。
狭くてゴチャゴチャした所に大の大人が何人も詰め込まれて仁がかわいそうになったし(苦笑)。しかも正直、衛生面でもどうなの?と疑問で、ここで料理するならむしろやめてくれ~!と思いましたもん。

あ、余談ですがYさんはポーランドに帰国後、日テレ関係(@ポーランド)の仕事をしていたと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。