*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
必死なんです@Jr.時代
昨日のスマスマにkinkiが出るというので、観てみました。
というのも、kinkiは昔SMAPのバックを務めていたことがあり、メンバーの誰かも言っていたけど、かなり「直接的な後輩」になるので、何かこう、ジャニーズならではの面白エピソードでも聞けるかなと思って。
そういう意味でkinkiの直接的な後輩はKAT-TUNなわけで、KAT-TUNをスマスマに出したいとは必ずしも思わねど、kinkiの番組(新・堂本兄弟)にいつか呼んでもらいたい。
※kinkiとはHEY×3での共演と当時のエピソード話はあったけど。
こちらの番組には後輩はたくさん出てるのに、KAT-TUNだけは出たことないのよね(苦笑)。

まぁそんなことより、2Gの話を聞いていて、みんなある意味自分のグループ(デビュー後)のことより、Jr.時代のことをそんなにも鮮明に覚えているものなんだなぁと改めて思いましたよ。
そういえばカツカツ第2章の時に亀が(ゆっちもでしたっけ?)バックについた先輩Gの曲はほとんど踊れると言っていたし、たしか生田斗真も堂本兄弟に出た時たっだか?同じようなこと話してました。
堂本剛が言うように「後輩みんな必死ですから」ってうなづけたワ。

話を聞いているうちに、先輩のバックを務めていた頃のKAT-TUNをすごく見たくなって、kinkiのFコン(2003年福岡ドーム)DVDを引っ張り出して観てしまった。
ちなみに私はkinki・・・というより、特に堂本光一個人のバックについているKAT-TUNを見るのが好きです。
以前、動画サイトでもいくつか見ましたが、特に光一くんのダンスは振り付け自体が素人目にも複雑で難易度が高いものが多く、それをKAT-TUN全員が今じゃあり得んくらいに(←)シャカリキに踊ってるところが見応えタップリなのです。笑 
逆にあれだけ難しかったらそりゃ必死にもなるわなぁ(笑)。
元々、光一さんのバックとして結成されたKAT-TUNですが、最初にこういうプロ意識の高い、良い意味でキビシイ人に付いたおかげで大いにダンステクニックを磨くこともできたと思う。
今は各々好き勝手(?笑)に踊ってるけど、光一さんの下で基礎を身につけることができたという意味でも堂本光一のバックでホント良かったと私なんぞは思っておりまする。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

28日~29日までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】
Secret
(非公開コメント受付中)

拍手レス
28日 マグさん:
去年はゆっちに呼ばれて光一くんがドームに来てくれたこともあったし、その後もkinkiのツアーでやけに仁の話などを出してくれていたようでした。逆に光一くんのソロコンに誰か行くなど何かまた交流が持てるといいんですけどねぇ。

29日 のこさん:
岡田くんの映画大ヒットしているようですし、その分たくさんの人にBANDAGEの予告編を見てもらえるということですね。観られたなんて羨ましい!HP上なら繰り返し見られるメリットがあるけど、やっぱり映画館で観るのは格別感慨深いものがあるでしょう♪

29日 KAPPOさん:
よく読ませてもらってるブロガーさんはお友達が当選されて行くようですが、それ以外当たった方の話は聞きません(笑)。光一くんのSHOCKなんて懐かしいですね。あと、タッキーのドリボも見てみたいです♪ 
コメレス
Jさん:
ホントに耐えて待った時間が長かったですよねぇ。
ようやく来た久々のソロ仕事の数々に今は心躍るばかりです。
仁は洋楽好きだし、彼らの音楽を聴いてるかどうかはさておき、さすがに存在自体は認知してるんじゃないですかね?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。