*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新潟初日に感じたこと想ったこと
新潟公演終了。お疲れさまでした。
私は初日のみ参戦だったので、今日は午前中の新幹線で帰京しました。
2日目両部入った仁友さんお話では仁の声もかなり復活し、ご機嫌でダンスもちゃんと踊っていたとこのと。
広島~福岡~新潟と強行軍スケジュールで来て、しかも新潟は当日夜中の0時からのバス移動で明け方4時頃到着とのこと。ホテルで2度寝はしたとはいえ、元々疲労が蓄積された身体には移動中のバスでいくら寝たとしても相当キツイものがあったと推察されます。
そんな中でも力いっぱい頑張ってくれたKAT-TUNメンバーにはただただ感謝の思いでいっぱいです。
が・・・自分の参戦が終わるといつものことながら、大きな満足感と共に泣きたいくらいの寂しさもやってくる自分がイヤになる

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます! 

14日~15日ならびに16日~17日20時台までにいただいた拍手コメントへのお返事もコメント欄に追記させていただいてます】




ところで初日昼公演終了後は仁がずっとサングラスだったことを嘆きに嘆いていましたが(苦笑)、夜公演終了後はまた少し見方が変わって。
※夜は3曲ほどサングラスなしで登場していましたが(ハットはかぶってました)、それで見る限りは目に異常が起こっているようには見えず。他人からはわからないけど自分で気にする部分があるのかどうかもわかりませんが。
ただ、ところどころかなりしんどいのかなーという風には見受けられました。
なんと(私的には)意外なことに、最後にハケる時も仁が“いの一番”にハケていたし。
いや、それが悪いと言っているんじゃないの。
ただ特に今年の東京ドームから仁は本当に良い意味で変わって、あのファンに対する姿勢を見ると、(例えばリアフェコンの時のような)サッサとハケるイメージが完全に払拭されてたもので。

でもこれだけは言えるのは、昼も夜も仁はファンのことはすごくよく見ていたし、メンバーとも茶目っ気たっぷりに絡んでいた。だから実は(どちらかといえば)厳しい目で仁を見がちな私ですら仁を見ていてイヤな感じとか全く受けかったのよね。

昨日書いたじゅんのへの“股間おマイク攻撃”(←)だけに飽き足らないのか、初日夜に参戦された読者様の目撃談では(私は気が付いてません。笑)、仁はNEIROのイントロ中にあろうことか上ポンへマイクでkancho攻撃を・・・!(爆)
身悶えする上ポンを尻目に(それこそ尻目だな)、歌が始まると何食わぬ顔で歌い始める仁さんだったとか。
あとはどの曲だったかな・・・ゆっちの影(後ろ)に隠れてみたり、それに気づいたゆっちとなんというか隠れ合いっこみたいなことしてました。
夜の部、特にアンコのシーセッドでは昨日も書いたように仁は歌いづらそうだった。でも「If you look back・・・」で聖とハモる時、聖が声の出にくい仁をカバーするようにいつも以上に声を張ってくれてるように見えた・・・。仁の肩を抱いて挨拶回りをしてくれたじゅんの同様、臨機応変にフォローし合う仲間がいてくれることってなんてありがたいんだろうと感激しましたよ。

そんなこんなで仁は(おそらく疲労困憊であったであろう中でも)いいアンバイでふるまっていたわけですよ。
で、夜公演終了後思ったのは、もしかしたらあのサングラスは仁なりの鎧・・・といっても悪い意味じゃなくて、自分の疲れた顔等を(ふと油断した時にでも)ファンに対しては一瞬でも見せたくないための“精一杯の意地”だったのかなって・・・。
自分を守るための鎧じゃなくて、ファンに対するある種の思いやり?(笑)←甘すぎますかね?こういう見方は
以前私は仁のハットやサングラスを含むメガネ関係を、単にファッション的な意味合いだけでなく、「それが何かはわからないけど、彼の中の何かを隠したいため?」とかなんとかここで書いたことあったと思うけど。
まぁその真意は本人のみぞ知るという話ではあります。
ハットやグラサンで隠れていても、それでもやっぱり仁が好きだし、これからも目が離せない人であることは変わらない。
Secret
(非公開コメント受付中)

コメレス
sさん:
東京ドームは一大イベントとして大がかりなshow(演出)を楽しむ、アリーナクラスのコンサートはもっと身近にメンバーに会いに行く・・・という感じで使い分けなんでしょうね。
ドームは遠くの席だとそれはそれで悲しいんですが、個人的本音を言えばKAT-TUNはもうドームクラスのスケールのデカイGだけに、あの圧倒的規模がないと若干物足りないものもあるのも正直なところです・・・(苦笑)。

仁のハットはファンに対してどうこう・・・というのがもうないであろうことがせめてもの救いですよねi-229
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
拍手レス3
すみません、PCが勝手に再起動されそうだったので焦りましたv-356
では引き続き拍手レスを。

17日 サヨじんさん:
たしかにトロッコではファンからかなり近くで見られちゃうから、仁的にはサングラスかけてないとつらいものがあったのかもしれませんねe-263 初日一部では端っこのブロックだったので仁が通った時姿はよく見えたんですが、客席はよく見てました。サングラスだから目は見えないけれどその視線からは温かいオーラは感じましたi-175

17日 のこさん:
世間からなんだかんだ言われても、それでもKAT-TUNというGはダテに長年苦楽を共にしてないなーと強く思いました。メンバーの体調やテンションを察知してフォローしてくれるのはありがたいなと・・・もちろん疲労のピークに達しているのは他のメンバーも同様だったとは思いますが・・・
それにしても私は平日のコン主催に反対するものではありませんが、平日やるなら週末は入れない、週末やるなら平日は入れない・・・そんなスケジュール体制も必要なんじゃないかと思いました。

17日 namiさん:
きゃっ!全く一緒の参戦だったんですね♪
やっぱり目が腫れてたんでしょうか。なんだか切ないですね。仁がキメどころでサングラスを外せばそれだけでファンが「キャーー!」となるのは本人も重々わかっていても(笑)、それができないくらいだから何らかの理由があるのでしょう。理由もなく仁がそんなことするハズもないですしね。まだ先の話になるけど次回に期待したいと思いますi-176
拍手レス2
16日 aiさん:
私も本音を言えばそう(笑)。ライブでも冠番組でも必要以上にハットかぶるのはやめて~・・・と思ってしまいます。

16日 マミさん:
ありがとうございます。新潟初日二部アンコでセンステ前にいた5~6歳前後の姉妹2人(withママン)にじゅんのがセンステ降りて直接フリスビーを手渡ししてました。とても優しい笑顔のじゅんのでしたよ♪ 仁担の相方もじゅんのは「王子様だー」と言ってました!

16日 じょんさん:
初日は一緒に会場にいたんですよね?いつも元気になるコメントありがとうです。こんなに夢中にさせてくれる仁は私にとっても唯一無二の存在ですv-353

すみません、PCの調子がおかしいので一旦ここで送信します。
拍手レス1
14日 のこさん:
公開日を聞いた途端、あの「〇〇まで何日」というブログパーツを貼りたくなって、どこのサイトに行けばあるんだろうと血眼で探しました(笑)。理屈では何ヵ月先ってわかっていてもやっぱりね・・・・

14日 kさん:
それにしても何が知りたかったんでしょうね、赤西仁に夢中な奥さんを持つダンナさんは・・・(笑) あんなのどこがいいんだ!(←暴言!)とか思ってそうな・・・v-356

14~16日 梨湖さん:
たくさんたくさんのレポやコメント、めちゃ感激しました!本当にありがとうございました☆
初日昼は、この中のどこかに梨湖さんが・・・と思いながら会場の床を踏みしめてましたよ♪ 仁グッズ(の一部)売り切れが早くてビックリしました。初日は昼公演前、日曜も朝9時ちょい前に対面した読者さんがご自分が買われた直後に売り切れの赤札が貼られていたと・・・制作部数の見込みが甘い甘い(苦笑)。
札幌も楽しんできてね~♪

15日 オレンジさん:
新潟は移動手段や時間帯も含めて、キツさではツアー中最大の山場だったかもしれませんね。サングラスこそかけてたけどかつてのファンを寄せ付けないなんて雰囲気はまるでなく、相変わらず優しい仁でしたv-352

15日 KAPPOさん:
楽しい目撃ネタをありがとうございました。早速無断で(笑)ブログで紹介させていただきました☆ マイクの使い道を完全に間違えてる仁さんが大好きすぎます。下ネタトークはNG出されてたようなので、そんなところでかすかな抵抗ですかね!?i-278
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。