*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう戻れない
7月は31日間もあるのに、更新記事数少なっ!
更新休んでた1月より少ない。
これには物理的に時間が取れなかった日もありますが、どちらかといえばスランプ気味だったことが大きい。
体力はともかく、気力面でバテバテというか・・・(苦笑)

こんなヲタブログをやっている自分でも時々「フツーのファン」に戻りたいと思うことがある。
私の言うフツーのファンというのは別にコンサートに繰り返し行くでもなく(どころかコンには行かなくてもいいくらい)、CDやDVD、あるいはたまにTVなどで仁に接触(=視聴)できればそれで満足という人。
つまり、3年前の私です。
ホント、仁のことは好きだったけど彼の人となりを掘り下げて知りたいとまでは思わなかったし、雑誌もいらないし、音楽面では好みなのでCDは聞くけど初回限定なんていらない、通常盤で十分。
コンサート??ジャニーズのコンサートって中高生しかいないんじゃないの??
必死に追いかけてない分、軽めのファンというのはとっても楽。コンサートに行けなくても全然平気だったし、そもそも生の仁を見てみたいとすら思わなかったわけで。仁はメディアを通して見れば十分だったから・・・。

それが仁の一時リタイア(笑)をキッカケに、どうしてもこの人が惜しい。もうKAT-TUNに戻ってこないの??本気でやめるつもりなの??溢れる才能を投げ出してやめるなんて正気??だとしたらあまりにも勿体ない。どうしても芸能界がイヤなら、それはそれでキミという一人の人間の生き方だ。
でも・・・もう~~!できることならキミに直接会ってでもこれだけはどーしても伝えたい、と思った。
キミは絶対にこの世界で生きるべき人だということを。
・・・というところから、次第に仁に狂い始め(笑)、今まで仁の出る番組を何も録画とかしてこなかったから過去映像はすべて某チューブ頼み。
2006年の12月頃、毎晩のように睡眠時間を削ってでも仁の過去映像をとりつかれたように観てました。後にも先にもあんなに熱烈に仁を求めたことはないんじゃないかと思えるほど。
そして睡眠不足が続いてどんなに疲れていてもそれは至福のひとときでもあった・・・。
仁を見ずにはいられなかった。

この2つの時期を経て現在に至るわけですが(←大雑把)、表面的に仁を見ていた最初の3年程の時期と、いなくなってからわかるありがたみ~(笑)的に熱烈求めてた時期(今がそうじゃないとは言わないがあの頃とは微妙に違う)、どちらも懐かしい。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

4日22時台~5日22時台までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】


なんでこんなこと今さら書いてるかというと、ブログを書くことにたまに疲れたり、コンサートに行ける回数に限界があることが悔しかったり、ヲタクをやってると欲が深まる一方で、だからといって自分の思うままにならないことも多くて精神的にイライラすることもあるからです。
あーっもう!こんな思いするくらいならあの頃のようなフツーのファンに戻りてーよ!と半ばヤケっぱち気分になって、上記のような過去を懐かしんでいたわけですよ(苦笑)。
もし仁の留学がなかったら、あのまま私は仁に対していわゆる普通の「お茶の間ファン」(TVで見るだけの人)のままだったろうに・・・そしてそれはそれで結構楽な生き方だったに違いない。

仁のことは今も、そしてこれからもずっと大好き。
だからこうしてブログを始めることができた。仁に対しても自分の想いをここで伝えていければと思ってます。←別に本人読んでなくても(笑)勝手に書くから。

でも今は仁を好きという気持ち(原動力)以上に、ここを読んで下さる方がいらっしゃるからこそ、私は書いていける。がんばれる。
皆さん、本当にありがとう!とっても感謝しています。
最近スランプだったので、何のためにブログを書くのか・・・ということについて少し考えてみました。
でも、勘違いしちゃ困るのが(←私が、ネ)、こうして皆さんがこのブログを覗いてみようかと思ったのは赤西仁様があってのことです。
仁が皆に愛されてるからこそ、このようなブログが成り立つわけで、それはいつも肝に銘じてますよ。

それから。
いつも何も言いませんが(←オイ!)、拍手やコメント、ランキングの応援も含めて、ありがとう!ありがとう!と何度でも言いたいです。おかげさまで大変励みになっています。

そうそう、ランキングといえば。
いつも月間outのヒット数が平均8000台だったのが、先月初めて1万ヒットに達しました。←ちょっとだけコレ、目標にしてました
これもひとえに応援して下さって、このブログをランキングTOPページの100位以内に送り出して下さっている皆様あってのことです。
本当にありがとうございます!!

多分、私はよほどのことでもない限り、もうフツーのファンには戻れないと思いますので(笑)、これからも一緒に仁を愛し、必要とし、そして応援していってもらえれば幸いです。
何が言いたいのかよくわからなくなりましたが、最後は皆さんに感謝感謝!!で今回の記事を〆ます。
Secret
(非公開コメント受付中)

コメレス3
aさん:
はじめまして。でも以前から覗きにきて下さってましたよね(←fc2の足跡が・・・笑)。いつもありがとうございます♪
仁(あるいはKAT-TUN)の活動が活発になればなるほど現実とのギャップに苦しむのはよーーくわかります。
仁が大好きなうちは不治の病(笑)としてどこかで自分の中に折り合いをつけるしかないのはわかっているんですけど、これがヲトメ心ってヤツでしょうか(苦笑)。

これからもお仲間として、こちらこそよろしくお願いします♪
コメントありがとうございました!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメレス2
Aさん:
オールバックポニーテール、リアルに見てみたいですよねぇ~i-233
会場によって(or日によって)髪型が微妙に違うだけで、自分がその場にいないことにキリキリしてます(苦笑)。
こんなに振り回してくれる人、ホントいません!(笑)
Enjoy広島&Good Luck!i-236
拍手レス
4日 こんさん:
なんと!タイミング的にズレていたとはいえ、お嬢さんがあの番組の観覧にいらしたとはビックリです!そしてゆきねぇってKAT-TUNと何の接点もなさそうと思っていたら、そんなところで面識があったんですね!教えて下さってありがとうございました。
例の件、また追ってご連絡申し上げますね。

5日 梨湖さん:
仁のいなかった時、やり場のない気持ち(←半ば憤りに近い!?笑)のぶつける場所が日記だったりブログ巡り、あるいは某動画サイトだったんですよね、仁担にとっては(笑)。
それでもそんな仁のおかげで生活の幅や交友関係までもが広がりますた。
梨湖さんも私も結局は赤西仁様様じゃないですかね?笑

5日 サヨじんさん:
貴重な情報お寄せいただき、ありがとうございました。アパートマンションショールーム・・・私もアンパンマンショーに見えます(爆)。
似たような話で余談ですが友人のお母さんは「ノウハウ」という言葉を見ると「ウハウハ」に見えちゃうんですって(笑)。それを聞いて以来、私もノウハウがウハウハに見えてしまい・・・v-356そんなにウハウハすることじゃないっての!i-229

5日 namiさん:
初めて(?)のコメントありがとうございます。同感ですね、個人的に仁の才能を惜しむというだけでなく、この人を世間に知らしめないことは芸能界の損失・・・いや、もはや罪悪だと思いましたもの。
あ、コメント連投問題ないですよ、どうぞお気になさらずに・・・。

5日 ももさん:
以前コメントをいただいた時も印象的だったんですが、私、ももさんの的確極まりない赤西仁評が大好きですよ。えぇ、仁ってそういう人ですよね(笑)。そしてコンサートというのは生メンバーに会えるチャンスというより、本来はパフォーマンスそのものを楽しむべき場所・・・そんなシンプルな基本をすっかり忘れていたように思います(そこがヲタの欲深いところで・・・苦笑)。そういえば他の(好きだった)バンドとかなら「生演奏が聴ける!」ということをむしろ主目的にしていたのを思い出しました。いつもランキングの応援もありがとうございます。新潟でもしももさんが15日に入られるなら会場のどこかにももさんがいると思ってますよ♪←私は両部入りますので(16日は入りませんが)。

5日 sanaminaさん:
コメントありがとうございます。
sanaminaさんも「同志」ですね(笑)
たまにどうすれば仁担やめられるか教えてほしいとか思うことありますもん(苦笑)なかなか楽な生き方はできそうもありません(笑)。

5日 ひろみさん:
ホントにね、仁くらい喜怒哀楽の感情を満遍なく味あわせてくれる芸能人っていないなーと思います(笑)。このまま後戻りすることなく一緒に突き進みましょう!そうするしかありません!(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメレス
しずくさん:
キャーーお久しぶりです♪コメントありがとうございます!
しずくさんは仁ファン歴が長いですけど、同じように思い、行動されていたんですね!
考えてみればあの頃は日本中の仁ファンが「過去映像を見るしかない状況」に涙していたわけで・・・んーもう!罪つくりな男ですよ仁は(笑)。いや、ないものねだりをしてしまう人間の性(サガ)というのが罪つくりなんでしょうか・・・(笑)
でもあれくらい誰かを好きになれた、文字通り「無我夢中」になれたというのが今となっては誰にとっても心の財産なんじゃないかなーと思います。

エルザさん:
フツーのファンに戻れない同志・・・なんて力強いお言葉!嬉しくなりました(笑)。あの時期がなかったらこんなに事務所にお金つぎこんでないわ(苦笑)。
ところでファンの飢餓感を煽るだけ煽ってドカンと爆弾(CDリリース・コンサート)を落とす→ファンは金を落とす・・・(爆)ってのがJ事務所の常套手段ですねi-229
どうしても一言いいたくて
  アマノンさん こんにちは
  私の代弁をして下さったのかと思うくらいピッタリの心境です。 仁の一時リタイアの頃は全く同じことをして過ごしていました。 あの一時リタイアは私をヲタ(= J事務所につぎ込む)に誘導するための作戦だったのではないかと思えるほどです(^^;)
  フツーのファンに戻れない同志として(笑) これからも楽しく読ませていただきます。
ご無沙汰しております。
アマノン様の気持ちすごくわかります。

私も赤西くんがリタイアして、そこから狂い始めた一人です(苦笑)。昔から好きでしたが、いなくなって赤西くんの大きさに改めて気づいたりして。私もアマノン様と一緒でまさに同時期、毎晩のように過去映像をとりつかれたように観てました。しかも泣きながら。(苦笑)で、彼が帰って来た頃には、生の赤西くんを見たくて見たくて仕方ない程に…。

それまではメディアで見て満足。コンサートも行くものじゃないと決めつけてましたがそれはそれですごく幸せに見つめられていたなぁと思います(当時は)。今となっては何故、あの時行かなかったんだ…とかもろもろ思ってしまうまでにすっかり出来あがってしまいましたが(苦笑) 好き過ぎるが故に、疲れたり、いろんな感情も出てくるようになりましたけど、それでもやっぱりやめる事は出来ないのでこれからも見続けていきたいと思います。一緒に応援していきましょう!

久しぶりのコメントが長くなってしまって申し訳ございません。


What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。