*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WONDERの行方
仁のソロ曲について思うところを続きから。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

※誠に勝手ながら5月下旬まで拍手コメを含むコメントへのお返事はすべて一時休止中です。申し訳ありませんが、もう少し休ませて下さい。なお、コメントはすべてありがたく読ませていただいております。ありがとうございます。










まー、私は8日間全部入ったわけじゃないから、巷で囁かれているらしいブーイングとやらは知らないのよ。
少なくとも初日の「えーーー!!」はブーじゃなくて、驚きの「えーー」だと思います。
だってまさか誰かとのコラボ曲が来るなんて一般のファンは事前に知りようもないし、まさに予想外のことだから、個人的には驚いたのなんのって(笑)。
2~3日目は知らないけど、噂はすぐに広まるから私が入った4日目以降は彼女の名前が出てもおそらくほとんどの人が知っていて特に反応はなかったと記憶してます。

前にも書いたように、私はこの曲をこの上もなく気に入ってます。
仁がまた一つ新しい世界を切り開いたという意味でも。
できることならば、2人してMステにでも出て、思う存分世間に見せつけてやりたいと思う。
赤西仁はこういうこともできるんだよってことを。
仁のイメージがまた変わると思う(単なる「変化」ではなく「好転」の方向へ)。
やっぱり「ジャニーズ」という事務所に属することによって、得することもあれば無駄に損することもあると思うの、イメージ的に。「どーせジャニだろ」的な色眼鏡で見られたりね。
そういう世間の固定概念の殻を打ち破る絶好の機会だと思うんだけどなーこの曲は。

この曲の音源化の可能性について私なりに考えてみたんだけど。
調べてみたらクリケイさんはソニー・ミュージック所属。
で、KAT-TUNのプライベートレーベル、J-One Recordsの大元はJ STORM。
そのJストームの販売委託先はソニー・ミュージック・ディストリビューション。
そう考えるとJストームと全く無関係のところじゃないんだなぁと少し安心したりして・・・(笑)
いや、なんとなく話がまとまりやすそうなイメージがあるというか。
ただし、業界のカラクリや力関係等はわからないので、そのことが必ず吉となることなのかどうかは断言できかねます(笑)。
※両社の関係性はさておき、外部の第三者を持ってくるならば“by coutesy of SONY Music”とかなんとかそういう表示はされると思いますが。

思えば「ごく2」をやっていた頃、ドラマで流れる「絆」という曲が好きで、ドラマで効果的に使われ、なおかつあまりに良い曲なのでてっきりCD化されるものとばかり思っていたら、友達から「発売未定・・・って(おそらく雑誌か何かに)書いてありましたよ」と聞いてガッカリ・・・どころか憤怒の念に駆られたことがあります(笑)。一体、これをCDにしないとは何事じゃ!?と。
だったらせめて早くKAT-TUNデビューさせろよー!とも思ったし(笑)。
でも「絆」は結局「アミーゴ」のカップリングとして音源化が実現したじゃない?

そんなこともあって、もし純粋にシングル曲として出すのがどうしても難しいなら、せめて「BANDAGE」絡みのCDのカップリングでもいいから、「WONDER」を形に残してほしいと、仁担は切に願っておりますです。
ダメとは言わないけど、この曲がKAT-TUNの次のアルバムに入るのもなんとなく奇異な感じはするし。
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。