*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼らが背負うもの
昨日なぎくんの記者会見を途中から部分的に見ました。
彼が何か言おうとするたびにTVで見ている者でさえ、そのうるささに耐えられなくなりそうな凄まじいシャッター音。その場にいる彼自身はさらに目を開けていられないほどのフラッシュと人いきれにさらされて、自業自得とはいえ、さすがに気の毒になってしまった。
元々彼はお酒が大好きな方だったそうで、そんな人に(さも同情をしているようなフリをして)「どんな時にお酒を飲みたくなりますか?」って・・・(失笑) 彼が「ムシャクシャした時に飲みたくなります」とでも言えば満足なの?と言いたくなるようないやらしい意図を感じてゲンナリ。
しかしそんな中でも一生懸命考え、言葉を選んで真摯に応えていた彼の姿が印象的でした。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

26日~27日までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】







以下、ジャニーズに話を絞らせていただくとして。
彼のしたことには処分の重さ(逮捕)・マスコミの対応等、いろいろと賛否両論はあるでしょう。
ここではそのことの是非は置いといて、それより私が強く感じたのは、彼らが背負っているもの(責任も含めて)の重さでした。
仕事をすればギャラは発生するけど辞める時は何の発表もなくいつの間にかフェードアウト・・・そんなセミプロというか半アマチュア的な面も持つジュニアと違って、特にCDデビュー組は“正真正銘の芸能人”として認知され、彼らの後ろには膨大なお金、そして人(労力)が動いていて、仕事が成り立っているわけです。
それによってTV・ラジオ番組、映画、あるいはCMといった広告媒体にも出られて、例えばCMならCMで企業の看板をも背負うことになる。
※そういえばCDデビューが決まった途端、今までじゃ考えられなかったようなものすごい数のスタッフ(大人)がかかわるようになったと、亀も語ってたネ(@日経エンタ2007年1月号)。
もちろん(当事者であるなぎくんも含めて)どのジャニメンも頭ではわかっていることでしょう。
それでも今回の件を反面教師にしてでも、すべてのジャニメンが(本当はジャニーズに限った話じゃないけれど)自分たちだけで仕事が回っているわけではないことを今一度肝に銘じてほしいなぁと・・・それだけは切に願ってます。
その覚悟があれば、何か事を起こしたり、それによってたとえ一時的にせよいなくなったりとか、そういう危機的事態に陥ることを未然に防ぐことができるだろうと・・・要は変なスキャンダルとかで誰もいなくなってほしくないんだよね!

こう書くと、“突然留学していなくなった仁”のファンにそんなこと言われたくないという声も聞こえてきそうですが・・・??
まーでもね、仁は小さなことでも何かと報道されちゃう、ある意味スキャンダラスな男(って響きだけはカッコイイな、オイ!笑)ではありますが、私にとって一つの救いが彼は決定的(あるいは致命的)なスキャンダルは起こしてないこと。そりゃ、留学こそお騒がせだったとは思いますが(苦笑)、ぶっちゃけ、事件性のあることを起こされるくらいなら、たまーに勃発する女子問題など取るに足りないことで、どんだけマシな話か・・・(笑)。
いやいや、それは余談でした。

あくまで個人的な推測ですが、たとえば仁が(時折報道されるように)車でどこぞへ出かけて停める時は必ずコインパーキングに入れる、あるいは本人が語っていたように「法定速度はきちんと守る」・・・そんな当たり前のことも、本人の自覚だけでなく、かつてのG郎ちゃんの事件が駐車違反に端を発していたことから、もしかしたらアレ以降、車を運転する人・新たに免許を取得した人などには事務所から車を運転するにあたっての基本的なルールなどについて改めてお達しがあるのかしら???とか思ったりもします。
たとえ比較的軽微な違反や罪であったとしても、多少なりとも報道されてしまうのが芸能人だからね・・・。そこが一般人と同列に考えてはいけないところというか・・。

先程、ジュニアくんを半アマチュアと書いたけれど、例えばプリクラが流出したくらいでジャニからフェイドアウトするケースがあったりする(もちろん公式発表はなし)。
中には私が将来性をちょっとだけ期待していた子もいて残念は残念だけど、十代のジュニアくんのファンは基本的に同世代の少女が多く、彼女らの(仮想)恋愛対象となるわけだから、いわゆる「ファンの夢」を壊したとかそういう意味合いもあるのかもしれないけれど、むしろ本格的なプロに片足突っ込んでいる状態であるJr.のうちからそういう小さなことから自覚しないとこの世界ではやっていけないよ・・・という戒めなのしれぬ。うぬ。

話は少し逸れるけど、ポポロを立ち読みしたら赤西家の家訓的なものとして、「人の道に外れたこと」をしないように育てられたとか、(滅多になかったけど)そういうことがあればオヤジさんから拳骨で殴られたとか・・・そういうのを読んですごく安心したりしました。
いや、元々大丈夫だとは思ってるけど、育ってきた環境(ベース)の部分も含めてしっかりした信念があれば大きな過ちを犯すことはあり得ないだろうという安心感、信頼感・・・とでも言うべきものです。
Secret
(非公開コメント受付中)

拍手レス
26日 ヒロさん:
それ覚えてますー。「これ以上イメージ悪くしたくない」と言ってるのを聞いて、なんだか切なくなりましたe-263

27日 ゆかりさん:
今さら言うまでもないことだけど、所詮ファンなんて二の次という体質がこういうところにも表れてますよね(苦笑)
何も今すぐ本人もしくは他メンから何かを言わせろと言ってるんじゃないんだから、まずは事務所から「お騒がせしました、ご心配おかけしました」くらいのメッセージがあってしかるべきかと。だいたいジャニwebやジャニnetなんて基本ジャニファンしか見てないんだからそれくらい言ってもバチは当たりゃしないよ!と渡鬼みたいなセリフを言ってしまいましたi-229

27日 jさん:
今回、大騒ぎされてしまうのは実際の内容や程度はどうあれ、仮にもアイドルたる者の罪状に「猥褻」が付いてしまったことも大きいのではないかと思います。〇〇メンバーの時は、苦肉の策としてやったことがかえって失笑を買うだけだったので、今回はスッパリ「容疑者」なのかなーーー??と思ったり・・・。
ところで仁のその発言、私もどこかで読んで、もちろん長所でもあるんだけど、同時に弱点にもなり得る・・・と少し心配になりました。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。