*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
究極の縁(えにし)
皆様、ご無沙汰しておりました。
ネタがなかったのに加えて、更新するための時間も十分に取れず、この際思い切って休みを決め込んでました。
いろいろ雑誌が出てるのもわかってますが、雑誌はブログ更新のために買うんじゃなくて自分がどうしても欲しいという気持ちがあれば買うという感じなので、まぁ感想は気になるものがあればmaybeおいおい書くとして。

てか、私がここで仁のことを語る以外のことは望まれてないのは重々承知しておりますが(笑)、今日は別のことを書かずにいられない。
やっと更新したかと思いきやそんなことかよっ!と思われてしまうだろうけど、何卒お許しいただきたい(笑)。
以下は仁事とは全く関係ない(つーか仁担ブログに書くのもどーなのよ?的)私的独り言なので、興味のある方のみ続きからどうぞ。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

24日20時台~28日までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】



ここ数日間に何が一番驚いたって玉置浩二と石原真理子の復縁&電撃婚ですよ(笑)。
朝のWSで「復縁した」という話に完全にアンビリバボー!(笑) で、夜PC開いたら入籍したって・・・もうコーフンのあまり眠れなくなりました(笑)。
いや、誤解しないで。ワタクシ嬉しいのよ。
一体なんという「究極の元彼・元カノ婚」だろうと思ってね。

というのも実は私、以前(時期としては2000年前後)数年ほど玉置個人のFCに入っていたし、もちろんコンサートにも何度か足を運んだことのある玉置ファンでした。笑
正確に言えばFCに入会するよりもずーっと前から、そして退会後もある時は真っ正面から熱烈に愛し、ある時は横目でチラ見程度に、それでも彼のことを生温かく見守ってきました。

玉置が二度目の妻と別れた後、もし彼がまた結婚するとしたら、おそらく「あの人」しかいないんじゃないか・・・そう思っていた矢先に彼はバックバンドでキーボーディスト・・・単なる演奏者というより創作面においても音楽パートナーだった女性(キーボーディストなので通称「キーさん」としましょう)と3度目の結婚。
その後は若かりし頃の遊び人時代(笑)が嘘のように、全くの別人の如くすっかり落ち着いちゃって。
玉置って一時は俳優業もそつなくこなしてたけど、やっぱり根っからの「音楽人」なのよ。
そういう彼にとって、音楽面でサポート&刺激し合えるキーさんこそが彼にとってのそれこそ“soul mate”なのかなと・・・。そういう意味では納得したし、彼ら夫婦を好意的に見てはおりました(それに玉置はとても幸せそうでした)。
ただ、私から見てキーさんと創作面で関わる(共作する)ようになってから徐々に作風が変わり始め、どうしてもピアノ中心のゆったりした作品が多くなってきた。プラス、玉置自身が作詞も手掛けるようになったことも影響してると思うけど、松井五郎(←安全地帯や玉置ソロのヒット曲を多数手掛けた作詞家)等、他の作詞家と組んでいた頃のような、刺激的な曲は少なくなっていった。
また、作品のみならず彼自身もかつての艶はどこへやら、とにかく(良い意味での)脂っ気がバッサリ削ぎ落ちてしまい、そのあたりも含めて全体的にどうにも物足りなくなって、徐々に疎遠な存在になっていってしまった・・・。
でもシンガーとしての玉置にはやはり捨て難い魅力があって、キライになるようなことはなかったけど。
てか、一度でもものすごく愛した人って嫌いになるようなことはないね、私の場合。
よほど酷い目に遭わされたとか、激しく幻滅したとかでもない限り。←そういうことも滅多にないが。笑

だから仁のこともこれからも熱波の高低はあるかもしれないけど、ずっと好きでいられる自信もある。笑←やっと仁の話をした。でもここだけです今日は。

話を戻すと、若干疎遠になりつつも心の中ではずっと玉置の応援はしていたのよ。
その後、石原真理子の暴露本が出ても、スネに傷を持つ者同士(←玉置もキーさんも)、よもや今さら別れるようなことなど全く予想していなかったら、本がキッカケの一つかどうかはわからないがキーさんとまで離婚した時は愕然でした。

まぁ玉置のことだからいずれ4度目の結婚もあり得るだろうとは思ってたけど(笑)、その後は体調もよろしくないようだったし、行く末を案じておりました。

その矢先に、かの石原真理子氏とよもやの復縁!
そりゃね、勢いで結婚しちゃった?みたいなものも感じますが(笑)。
2人の未来に何が待ち受けようと、たとえ世間様が揶揄するような結果(苦笑)がこの先あろうとも、そんなことより、わざわざ「入籍」までした・・・この事実が重い。ワタクシ、激しく感動しておりますです。
復縁したといっても、別に今さら2人が結婚までする必要もなかったっちゃーなかったかもしれない。
しかし今の二人には、かつてのような障害は何もない。期が熟すまで信じられないくらいたくさんの回り道をして実に四半世紀の時を要したわけですけど。何だろうね、あんなにも遠く離れていた2人なのにやっぱり結ばれるべくして結ばれたのかな?
たかが紙きれ1枚、されど紙きれ1枚・・・「入籍」というのは、はやりご縁がないとできないものだそうです。
誰が何と言おうと、私は心から祝福しますよ。今はそんな気持ちだし、滅多にない事象にコーフンもしてます(笑)。

まぁ今回のことで一番驚いているのは、2人が不倫関係にあった頃に玉置と結婚していた最初の奥さんだった方じゃないのかな。もちろん今は別の人生を歩まれて、玉置みたいな、いわば“しょーもない男”のことなんざどーでもいいといえばどーでもいいでしょうけど、あの時家庭を壊した2人が今さら一緒になるとは・・・・。

久しぶりに見た玉置は一時期ホントにジジイになっていたのがこれまた嘘のように、なんだかまた艶っぽくなっていた(笑)ので驚いた。白髪を染めてるとかそういう問題じゃなくて、負のオーラが落ちて精気がよみがえったような・・・? 新婚効果もあるかもだけど(笑)。
そーいえば4度も結婚するなんてさぞかし変人・・・と思われるかもしれないけど、そんなことはないのよー!と一言。←いわゆる「ファンしかわからない」ことってやつ?(笑)

今度こそ幸せになってほしい。←と言うと語弊があるな。これまでの方々ともそれぞれ至福の時を持てていたとは思いますが。
ついでにいえば、これを機にミュージシャンとしてもまた一皮むけて、できればもう一花咲かせてほしいかな。
いや、贅沢は言わないから、まずは健康を取り戻して、また音楽活動に精進していただきたい。

(余談)
8度の結婚と7度の離婚歴を持つ、かの大女優・エリザベス・テイラー(ちなみに3度目の夫は死別。俳優の故リチャード・バートンとは2度の結婚・離婚をしている)。
誰か(ひょっとしたら彼女のhusbandsの一人だっただろうか??)が言ってたのを聞いたことがある。
「リズは本当に生真面目なタイプ。恋愛する度に(単なるラブ・アフェアだけに留めておけず)いちいち結婚しちゃう」と。
そのようなスタンスが彼女の膨大かつ華麗なる結婚歴の原因(の一つ)らしい。笑
玉置もそういうところがあるのかしらん?笑


余談というけど、今日の記事は仁担的には余談だらけもいーとこ!(苦笑)
超長々と申し訳ない!笑

次回からは仁の話を!
Secret
(非公開コメント受付中)

拍手レス
24日 JON☆さん:
ジャケ写の足バージョン、足だけなのに「ザ・男!」ってな感じで(笑)ホントなかなか良いです。BON JOVIのキプフェも気になって、そのジャケット見たことありますよ♪ 曲は某tubeで聴きました(笑)。

28日 のこさん:
ありがとうございます~。そうおっしゃっていただけると励みになります! 実はこの件でのこさんが一番にコメントを下さるような気がなんとなーくしていたんですが、予感が当たりました♪笑

28日 gさん:
アハハハ! えぇ、きっと同世代ですよ(笑) 

28日 Eriさん:
あの暴露本が出た時、DVの件だけは信じられなくて・・・でも会見で本人が自分に関することは事実だと認めてましたねv-356 ただ、彼は過去3度の結婚ではそういうことはなかったと思ってますが・・・。

28日 tokkoさん:
ホントそうですね。一時期の彼女はかつての美貌もどこへやら・・e-263という面が前面に出てて、残念に思ってました。久しぶりに見た彼女は、今はまた「良い顔」が戻ってきているように思いました。

28日 ユカリさん:
私もリアルタイムで見てました(笑)。ていうか、そもそも私が初めて玉置を知るキッカケになったのがあの世紀の不倫事件だったという・・・i-229(洋楽オンリーだったので当時売れていた安全地帯のことも知りませんでした)。女が会見場でマスコミに責められてるのに、男はサングラスで目を隠して取材攻撃にダンマリ決め込みかよっe-262と憤慨してました(笑)。まさか自分がそんな男の大ファンになるとは夢にも思わず・・・それもこれも彼の「音楽力」ゆえでした。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。