*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイテンション
ところで11月18日付のオリスタブログにて、KAT-TUNの表紙撮影を含む取材のことが載ってますよね。
「番組収録等の後の夜遅くの取材にもかかわらず6人は終始ハイテンション」だったと(笑)。

で、ハイテンションで思い出したのが5年前の
「Duet」(2003年3月号)↓
duet ←写真をクリックすれば大きくなります。
だいぶ前に買いまして、いつかここでも紹介しようと思いつつ、なかなか適当なタイミングが見つからないままズルズルと・・・
でもオリスタブログを見て、今も変わらず(笑)元気にハイテンションで取材に応じるKAT-TUNに嬉しくなって、まさに今がその時だ!と思いました。

もうこれはね、モザイクかけるのが口惜しいほど仁(当時18歳)の表情がいいの!
仁が「アイドル」という職業を心からエンジョイしているのが伝わってくるような自然で屈託のない、穏やかなこの笑みを目線なしで見せたいくらい。
せめて仁の口元からそれとなく感じ取って下さいませ(笑)、この「ぷるるん」笑顔を。
※カメラマン氏の「みんなー元気で!ぷるるんだ!」という意味不明な注文にも、一人「ぷるるん!!」と意味が通じてたそうです、仁は(笑)。
普段はヲタ誌を買わない、もしどうしても買うとすればアマンのいるmyojoだけ!と決めておる私ですが、これだけは古書店(@神田神保町)で一目ぼれして買わずにはいられなかった。

で、話を戻すとこの時も仕事後の夜遅くの撮影だったものの、メンバーは到着直後から現場の方々が引くくらいの超ハイテンション。
通常、撮影では編集者サイドが「元気に行こう!」などとお願いをするところ、KAT-TUNの場合は言われなくても元気すぎ(笑)。副編集長が「テンション低めで・・・」と異例の注文を出すも、「じゃ、テンション低めでーー!」と再びテンションアップで「野生」なメンバーだったそうな(笑)。

そんな表紙撮影時のエピソードが2ページのマンガ(←オフショット含む)と、一番最後のページのこぼれ話欄(?)に載ってました。

それにしても昔(といっても2000年代前半くらい)のヲタ誌は楽しい。今見ると「ジャニーズジュニア黄金時代」って感じ。
勿論今ではいなくなっちゃった人も結構いる(苦笑)。そういうのを見るとヲタ誌は「ジャニーズ」という競争社会の歴史的縮図みたいな側面があるのを感じつつ・・・。
でもそんな中でKAT-TUNは見事にSurviveしたわけですね。ありがたやありがたや・・・・

ともあれ、この時のキラキラなKAT-TUNは今とは違う意味でまた素敵ing。

★ランキング参加中です★
ランキング
応援ありがとうございます!
Secret
(非公開コメント受付中)

コメレス
きょんさんへ:
コメントありがとう♪てか、以心伝心!?
実はこの記事、きょんさんのことを思い出しながら書いてました(笑)。以前、月○写真館でこの時のDuet表紙を載せてたじゃないですか! で、「おぉ、きょんさんもやっぱりコレ持ってるんだ♪」と思いながら見てたんですよ。だからきょんさんに反応してもらえて嬉しいです。
そうそう、D誌とM誌、編集社は別だけど発行元が同じS英社なんですよね。同じなんだけど微妙に違う広告、想像できます(笑)。
アマノンさん、きょんばんわー☆
拍手ありがとーございました!ホント最近の拍手事情は進んでますよね。笑

このduet!私も大好きなんですよー♪表紙が特にお気に入りー!!
ついでに言えば、当時M誌(かな?)に、この号のduet広告が載ってたんですけど、
それこの表紙とは角度とか写りがビミョーに違うんですよね!(ほとんどは同じ)
そのM誌の広告のKAT-TUNが更に大好きだったりします(笑)
「ぷるるん」ネタも可愛くて仕方ないですよねー!(*´∀`*)
懐かしいな~。私も久々に読んでみよ♪
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。