*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンディエゴ&ティファナ
帰国して早や2週間以上も経ち、今さらですがアメリカ旅行記の続きを。
えーっと、到着初日にハリウッドでツアーバスと別れて、自力でレストランへ辿り着くまでの過程から。
・・・と思ったけど、これは話が複雑なので省略。
相方とは以前にも一緒に海外旅行をしたことがあるので想定内のことながら、相変わらず双方の危機管理意識の違いなどもあり、初日は移動手段を巡って大ゲンカ、険悪な状態に(笑)。←私たちは昔からこうなので問題ナシ。どんなにケンカしてもいつの間にか遺恨を残さずに仲直りしているので(笑)。
ということで、ザックリ2日目のサンディエゴ&ティファナ(メキシコ)ツアー行きます!
今日は仁に関係ない話ばかりなので、興味のある方のみお進み下さいませ。

★ランキング参加中です★
ジャニーズブログランキング

応援ありがとうございます!

14日~15日正午までにいただいた拍手コメントへのお返事はコメント欄に書かせていただきました】



このサンディエゴ&ティファナツアーはLAの友人、anさんに教えてもらった地元LAの日本人向け旅行会社、E社主催のもの。最低催行人数が4人。申し込んだ当初は自分たち以外誰もいなかったらしく、waitingの状態でした。もし人数が集まらなくてダメだったら・・・と不安でしたが、幸い出発1週間前に先方から「(人数が集まったので)催行決定」のTELあり。てっきりやっと最低人数が集まった4人くらいの小ぢんまりしたツアーかとタカをくくってたら、なんと5組10人の参加者が11人乗りのバンに詰め込まれたのでした。観光バスじゃなくてバンだから3人ずつ3列に座って、助手席に1人。だから皆2人ずつ参加なのにペアによっては席が離れざるを得ないのが難。
最初はガイドさん(兼ドライバー)が、お仕事とはいえ一人うるさいくらいに超しゃべりまくり、車内(お客側)シーン・・・。なんかテキトーなノリのガイドさんで「大丈夫かな?この人」って感じだったのが、半日近くも一緒にいるとあーら不思議、お互いに妙な連帯感やら親近感。フツーは帰りの車内なんて夜で暗いから景色も見えないし、ガイドも一通りの仕事終わってあとは送るだけだから黙ってるのに、帰りもハリウッドスターの裏話やら911事件の裏話やら興味深いお話てんこ盛りで、しまいにゃ心理テストもどきのクイズ大会まで始まり、車内は最後まで大盛り上がりとなっていた。

話を戻すと、最初に向かった先がサンディエゴの高級リゾート地、ラホーヤ(La Jolla)。
退役軍人なんかが多く住んでいるそうです。サンディエゴのビバリーヒルズ的な所らしい(笑)。
本当はここはコースに入ってないらしいが、ガイドさんお気に入りの場所で是非皆さんにラホーヤの海(と高級住宅街)を見せたいということで。
車が住宅街から海に向かう道に入った途端、藍色の海が眼前にグワーン!と広がり、これにはものに動じない私ですら胸に迫る感動がありましたね。とにかく海の「青」色が濃い~!
lajolla  DSC00854.jpg←コチラはラホーヤの桟橋。
※写真はクリックしていただくと大きくなります(以下同)。

で、本当は先に一通りサンディエゴ観光を済ませてからメキシコ入り(ランチはメキシコで)する予定が、時間が押して皆お腹もすいてきたので、この後は一路メキシコへ。

メキシコへの入国は車で行くととんでもなく時間がかかるので、サンディエゴに車を置いて徒歩で行きます。この際、パスポートは不要(見せる場所すらない)。
徒歩15分くらいだろうか。メキシコ側に入ると、ガイドを含む11人がたった2台(3台じゃないのよ!)のタクシーに分乗して、国境の街ティファナ(Tijuana)へ。もうどんだけテキトーなノリでバックレてるんだか(苦笑)。助手席に2人座るとか怖ぇー。しかしそこはソレ、何事もテキトーな国(ぶっちゃけ中南米ってそうでしょ?)メキシコのタクシードライバーもその辺は心得たもの。車で10分かかるかかからないかくらいだったかな?目的地ティファナへ到着。
DSC00857.jpg DSC00858.jpg ←ティファナのメインストリート
写真では何もないように見えますが(あえて人や車が少ない時を狙って撮った)、ここでは土産物屋などがダダーっと並んでます。日本語や中国語で「コンニチワ」だの「ニーハオ」だのと話しかけれらます。
この辺りのショッピングといえば革製品や銀製品がメインらしい。しかし悪いけど私には怪しい粗悪品に思えてここでは何も買わず、ひたすら強烈な日差しの中、街歩きに時間を費やしてました。街を見るには歩くのが一番ですからね。

で、再びアメリカへ戻るわけですが、メキシコからアメリカへの入国ではパスポートコントロールと手荷物検査があります。
アメリカに入国して、また車で走り出すとなんとなくホっとするものが。
週に何度もメキシコ入りする百戦錬磨のガイドさんですら「アメリカ戻るとホッとするねぇ」と言ってました。

次に向かうのはこの遠くにうっすら見える長ーーい橋を渡ってコロナド島。
DSC00883.jpg
島には、歴代アメリカ大統領をはじめ、サンディエゴに来る世界中のVIP御用達の老舗名門ホテル、ホテル・デル・コロナド(1888年開業)があります。
hotel DSC00864.jpg ←ホテルから見えるビーチはこんな感じ。

このホテルには開業当時に恋人に殺されたのに自殺扱いで処理されてしまった女性、ケイト・モーガン(←名前までわかってるのよ)の幽霊が出ると評判の部屋があり、たしか2年先までだったかな?予約で埋まって大人気だそうです。そういうところがアメリカらしいってことなのかも。
高級ホテルですけど、ここは宿泊客以外の出入りも多いそうで、気軽に入れます。お高くとまったところがありませぬ。
DSC00866.jpg ←ロビーの一部。写真だと暗くてわかりにくくてすみません。

この後、シーポートヴィレッジというカフェやオサレなショップの集まる観光スポットへも行き。
DSC00881.jpg←シーポートヴィレッジから見える海。ていうかちょっとした憩いの場。

そこで仁を発見(笑)。↓
butterfly
Butterflyは仁、そしてこのブログを象徴するものですからね。これはマグネットですけど、役にも立つものなので思わず買いました。

ナンダカンダで時間も押してるのに、最後はガイドさんの気まぐれサービス(予定外)でサンディエゴのオールドタウンへ。
DSC00884.jpg 
時間は夜7時くらいで、写真だと実際より暗く見えてしまいますけど、ここは賑やかで、かわいいショップや小洒落たレストランもたくさんあり、30分程度しか散策できる時間がなくて残念。サンディエゴへ行く方はここには必ずお立ち寄り下さい。私のような買い物好きじゃなくても雰囲気的に楽しいですよ。ここに最後に寄れたのは思いのほか満足度高かったです。

で、オールドタウンに来た思い出も兼ねて、露店(!)でこんな絵も買いました。
DSC00900.jpg
これ、タイルに絵が描いてあるの。カプチーノ好きなせいか、直感的に癒されるものを感じて一目ぼれ。これで約17ドル。美大出身の相方に「そんなもの買って・・・」とけなされるかと思いきや(相方は自分の美的センスに絶対の自信を持っている。そんな相方の美的センスに私も一目置いている)、ホテル帰ってから見せたら意外にも相方大絶賛。これを売っているお店に相方は気付かなかったそうで(私らだいたい別行動だし。笑)残念がってました。
どうせ安いものなんだし、こういうのは3枚くらい買って、並べてディスプレイするのがオサレなんだそうな。なるほどね。

そういうわけで、オールドタウンを最後の立ち寄り地としてLAへ戻ったのでした。
Secret
(非公開コメント受付中)

拍手レス
14日 jさんへ:
そう、その将来性がねー、見捨てられない理由の一つですよね。仁が昇り詰める姿を見たい。これが究極の望みです。

14日 JON☆さんへ:
シングルとDVD同時発売・・・もうそのくらいの花火をドカンと打ち上げてくれないと満足できませんわ(笑)。今の沈黙はお金をむしりとられる前の序曲だったりして!?笑 ジャニショは大阪のだったら入りやすそうですよ。以前私が行った時も並んではいましたが、東京に比べれば全然「先が見える」状態だったので・・・。

15日 ぱちぱちさんへ:
「YOU」のPVではたしかに消え入りそうな仁・・・わかるような気がします。あの頃は仕事は淡々と「こなす」という感覚だったのかも??

15日 のこさんへ:
そうです、写真はワタクシが撮ったもので、我ながら拙いにもほどがある撮影なのにそんな風に言っていただけて、恐縮でございます。他の友達とはそこまでケンカできません。しかし相方はムカつくことも多々なれど(笑)、やっぱりお互い分かり合えてるのかも。

15日 じんかさんへ:
きゃ~!じんかさんもティファナ&サンディエゴにいらしたことがあるんですね!共通の経験を持つ方がいらっしゃったとは嬉しいです!特にサンディエゴは予想外に良い所でした。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。