*All archives* |  *Admin*

2013/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かあるのかな?
仁のツアーが発表になって、そのことで相方にメールしようと思ってPC開いたら、飛び込んできた聖のニュースに、衝撃を受けてます。

いろいろ噂は聞いたり見たりはしてましたが、ヤバイ写真とかハッキリ言って今に始まったことじゃないし、それが脱退とか、ましてや契約解除(退所)につながろうとは・・・。

話を仁に戻すと、復帰して以降、怒濤のリリースラッシュに、ツアー詰め込みw
12月には47RONINの公開も控え、年内、詰め込みすぎなスケジュールw

もしかして、実は水面下でハリウッド関連のオーディション受けてたとか、それに受かっちゃったとかw
来年はまた海外へ行くのかなぁ?と思ったり。

「今年いっぱい」活動して・・・といういつかの仁の言葉、日本語が何かと言葉足らずな仁だからw「年内いっぱい」ということではなく、「今年はたくさん」活動するという意味に受け止めてましたが、まさか年内は日本で目いっぱい活動して、来年はもしや海外?? ←注:単なる邪推ですw

仁の海外進出を一番に願う私としては、それはそれで願ったり叶ったりではあります。ただ、今回のツアー、残念ですが見送ろうと思ってます(スケジュール的にも難しいので)。
だからツアーに行かないとなると、仁に会えるチャンスは益々遠くなってしまうのかもしれない、ていうか一体いつになるのやら・・・と、そのことには寂しさを覚えます。

しかし・・・今日はいろんなことがありすぎて眠れないなぁ・・・・。

5人のKAT-TUNからはすっかり遠く離れていた私ですが、6人のKAT-TUNの良い想い出、楽しかった想い出は一生の宝でもあるので、今までも、そしてこれからもずっと心の奥底にしまっておきます。
スポンサーサイト
#JUST JIN予約
仁の作品が少ない!といろいろ不満はあってもw結局利便性に負けて地元TSUTAYAで予約してきました。

昨日行ったら、TUTAYAではまだ早すぎてコンピュータ上に商品が登録されてなかったらしく、画面上ではちょうど昨日が発売日だった「アイナルホウエ」しか出てこなかったようで、予約できず・・(翌日ならできると言ってた)。

なので今日改めて予約しに行ったら、店員さん、画面上を読んで「ジャストジン」ですね?と言われ、「本当はハッシュタグ付くんだけどな・・・」と思いつつ、ことさら訂正するほどのことじゃないので黙ってたら、予約票が出力されて、それをこちらに渡す時に「ハッシュタグジャスト・・・」ってデカイ声で言われかけたので、「いいです、そうです」って止めといたw

とりあえず初回Aだけにしといたんですが・・

なんか時間が経ちすぎて、不覚にも忘れがちだった「WONDER」。
どうせなら音源化してほしいけど、ボーナストラックの英語の書き下ろし曲っておそらくは新曲系ばっかりだよね?とツイッターのTL上でも少し見かけました。

フクザツだよね。
どんな形でもCD化してほしい気持ちと(CDになりさえすれば道は開ける・・・かもしれない)、いやいや、あの大傑作を限定盤の、しかもオマケみたいな付属ディスクに入れて、「ハイ、おしまい」にしちゃいかんだろ、という気持ち・・・今は後者の気持ちの方が強いかな。
どれだけ年月が経とうと、必ずや「陽の当たる道」に出させたい作品です、今でも。

ともあれ、発売まで1ヵ月くらいだから、遠からずわかるであろう詳細を待つとしましょう。

ていうか、発売の週って私、日本にいないんだ。前から決めてたことなので、11月にRONIN試写会とかヲタ事ぶっ込まれても無理だからスッパリ諦めよう!と決意してましたが。しかもその翌週はポール・マッカートニーで福岡遠征w その次の週は同じくポールの東京ドーム公演もあるという・・・w たぶん今度こそ最後の来日なので、ポールと仁だったら今回はポールを優先しますw←
価値ある一枚
お久しぶりです。

今日は通常盤フラゲってきました。でもってただ今エンドレスリピ中です。

「アイナルホウエ」
結局発売前はMVのshort ver.を軽く聞きかじった程度で、その時は部分的だったせいか、「??」感満載で、いまいちピンと来てなかったんですが、このテンポといい、メロディといい、歌詞といい、なんともほんわかする、ハートにフィットする曲だわー。これ、仁のことよく知らない人が聞いても、気に入ってもらえそうな? ちょっとは仁の名前を知ってる人が、もしどこかの店先で聴いたとしても、偏見を持たずに受け入れてもらえそうな?
歌詞の、「愛鳴る」と「愛成る」の両方の意味の掛け合わせが小粋で心温まる感じ。今、きっと仁は愛がいっぱいの生活で満たされててるんだろうなぁぁと思わざるを得ないw

ていうか、あの~、「Forever」なんて、これは単なるノロケSongですか?w

そして、昨年の横アリで披露されたあの曲が満を持してフル音源化!

・・・ですが、今回の3曲の中では、意外にも日本語曲の「アイナル~」が一番好きかもしれない。
歌い方も何ら奇をてらうことなく、自然体で、本来の赤西仁が戻ってきた!みたいな。

日本で日本人がCDシングルを出すのに、原則(いや、ほぼ必ずと言ってもいいほど)歌詞に日本語を用いなければならない・・・仁みたいに洋楽志向の音楽屋にはなんだか窮屈だなぁ・・・と前から思ってましたが、その代わり(?)カップリングの曲では好きに英語の曲を創り、自らを表現し、歌うこともできる。それができるだけ、仁はラッキーなのかもしれない。

でもいつかはウリであるA面(と言ってしまおうw)に英語の曲持ってきて、世間にガツン!と殴り込みをかけ、ギャフンと言わせたいww

続きを読む

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。