*All archives* |  *Admin*

2013/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁のコメントが泣ける
※デイリースポーツより抜粋

芸能活動休止中の元KAT‐TUNの赤西仁(28)が8月7日に自身が作詞・作曲したシングル「HEY WHAT’UP?」を発売し、約1年5カ月ぶりに芸能活動を再開させることが23日、分かった。ワーナー・ミュージック・ジャパンとジャニーズ事務所が連名で、マスコミあてにファクスで発表した。赤西は「この日が来るのを待ち遠しく思っていました」とコメントを発表した。

 この日届いたファクスでは「このシングル・リリースで、活動再開へのきっかけにできればと考えております」と記されており、シングル発売だけではなく、全面的に芸能活動が“解禁”となると見られる。

 復帰シングルは、赤西自身が書き下ろしたもので、夏にぴったりのアップテンポな楽曲。2010年7月にKAT‐TUNを脱退後は、世界進出を意識して、積極的に英語詞の歌を歌ってきたが、今作は日本のマーケットを意識した日本語詞の楽曲となっている。日本語曲は11年12月28日発売の「SEASONS」以来、1年8カ月ぶりとなる。

 赤西は「いろいろとご心配をお掛けしてきましたが、こうして新曲をリリースすることになりました。活動休止期間中も作曲活動はずっと続けていましたので、この日が来るのを待ち遠しく思っていました。最初に発表させていただく曲は、長い間僕の復帰を待ってくださっていたファンの皆さんにも喜んでいただけるような、アップテンポの明るいダンスチューンにしたく、心を込めて作りました。どうぞよろしくお願い致します」と復帰にかける意気込みを寄せている。



もう何もいうことはない。

プロだもん、せっかく創った曲を発表できる場があることを今は噛みしめて、そしていつも通り楽しんで下さい。

8月7日リリースだそうです、新曲「HEY WHAT'S UP」

日本語曲といっても、「日本語が一応含まれる」だけで、結構英語中心じゃないの~!?と睨んでおりますが(笑)。このタイトルで日本語曲ってなんか想像つかないw

ファンにこびなくていいよ、ただ仁が仁らしくありますように。

そういえば横アリで創った曲、アレもc/wでいいから入ればいいなぁ。
スポンサーサイト
活動再開、おめでとう
やっと光が見えてきて、ホッとしました。

日刊スポーツより。

赤西仁(28)が、約1年5カ月ぶりに芸能活動を再開することが22日、分かった。今年8月に赤西が書き下ろしたシングル曲をリリースする。赤西は、2012年(平24)2月に女優黒木メイサ(25)と電撃結婚。所属するジャニーズ事務所に結婚を事後報告したペナルティーとして、全国ツアーを全面中止し、内定していた連続ドラマ主演を降板。事実上の謹慎生活を送っていた。

 赤西の活動は、12年3月のソロ初アルバム「JAPONICANA」をリリースして以来となり、新曲は赤西自身が作詞、作曲を手掛けている。

 1度、周囲の信頼を失った赤西にとっては、再起のチャンスになる。12年2月に黒木との結婚を事後報告し、関係各所に迷惑をかけたことを重くみたジャニーズ事務所は、予定していた全国ツアーを全面的に中止。内定していた同年7月期フジテレビ系連続ドラマ「GTO」リメーク版の主演降板を申し入れるなど、赤西にペナルティーを科した。以降、赤西の仕事はなくなり、事実上の謹慎期間は約1年5カ月に及んだ。

 そして、このタイミングでの芸能活動再開だが、複数の理由が考えられる。赤西は活動休止中も、地道に楽曲制作を続けるなど、音楽に対する真摯(しんし)な姿勢は、周囲も認めていた。それに対しての一定の評価が1つで、決められた期間中にCDリリースが義務づけられるレコード会社との契約問題もある。その状況下、完成した楽曲が、夏を感じさせるアップテンポなものだったことが、リリース決定を後押ししたとみられる。

 生活態度の改善も理由に挙げられるようだ。以前は週刊誌に繁華街で夜遊びする姿を何度も報じられるなど、人気アイドルらしからぬ行動も目立った。しかし、事実上の謹慎生活に入った自覚とともに、女児が生まれて父親になった自覚が芽生えたのか、最近は夜遊び報道も少なくなった。

 しかし、8月のシングルリリース以降のスケジュールは白紙状態。ハリウッドデビューとなる超大作「47 RONIN」(カール・リンシュ監督)が今年12月公開予定だが、具体的PR活動は何も決まっていない。

 KAT-TUNとしてデビューして1年もたたないうちに芸能活動を無期限休業し、ロサンゼルスに語学留学。4年後にはKAT-TUNを脱退し、ソロ活動に専念。所属事務所の承諾を得ないままに結婚するなど、自分のやりたいことを貫いてきたが、活動再開をファンや世間はどう評価するのか…。その反応、赤西の姿勢が、今後への試金石になるとみられる。


もうさ、生活態度の改善とかどーでもいい!って思うけど。夜遊びしてる芸能人なんて掃いて捨てるほどいるでしょw いちいち報道されないだけで。つか、ある程度話題性ないと夜遊び報道しても意味ないし。

でも・・・正直なところ、これから本人のコメント等が出る際、ファンに対して(あるいは対外的にも)、「お久しぶりです」とか単に「ありがとう」などの一言二言で済ませないでほしいとは思ってる。

たとえ今回の謹慎期間が仁の意図するところでなくても(ていうか意図するところであろうがなかろうが)、結果的にこれだけ長いブランクをつくってしまったことについて、ファンを世界一泣かせてきたんだからねw 人として「ご心配おかけしました」くらいは言ってもいいと思う。

あとはもう自由に奔放に型にはまらずに活動していけばいいよ。
守りに入らず、大胆に攻めてゆけ!
The innocent can never last
時々このブログでも時々ようつべ映像をアップしたりしてますがw

やはり仁の休業中(06-07)に見つけた仁亀映像がありました(残念ながら今はもうなくなってました)。
2人はシンメだったし2トップということもあり(ということも当時はよく認識していなかったのですが)驚くほどもうたーーくさんの2ショット写真があるんですよね。それこそ仁亀が仁亀として仲良くinnocentだった頃ですよw
「ああ、2人はこんなにもたくさんの仕事を一緒にしていたのか、こんなにも深い歴史があったのか・・・」などとちょっとウルっときて、その時はすっかり仁亀好きになったなぁw

といっても、今回別に仁亀シンメの話をしたいわけじゃないのです。
前述の、今はもう消えてしまった(ようつべにうpされていた)仁亀映像のBGMに使われていたのが、GREEN DAYというアメリカのパンクバンド(ていうかwikiにはそう書いてあったけどホントにパンクなんかーい!?w)の「Wake Me Up When September Ends」(2004)という曲でして。嗚呼、あの素晴らしい映像とこの名曲のベストマリアージュともいうべき映像(仁亀信者ならずとも泣ける)をお見せできないのが実にもどかしい!

さて、GREEN DAYの「Wake~」という曲はようつべの仁亀映像で知ったワタクシですが、それから1~2年後にKAT-TUNの3rdアルバム「QOP」に収められていた仁ソロ「care」をCDという形で改めて聴いて、「こ・・・これは・・・!!」と愕然(いや、泣けた)。
careのイントロが流れてきた時、グリーンデイの「Wake~」をまざまざと彷彿させて、さらにあの素晴らしい仁亀映像までもが脳裏をよぎり、車の中で(車で聴いたのでw)悶絶状態になってましたよww←

careに泣けたのは、グリーンデイの曲と共に仁亀がアイドルとしてinnocentだった頃がリンクしたからというのもあるんです。

アコースティックギターで始まるイントロ、一見おとなしいバラード風なんだけど、終盤に進むにつれ、実は激しいロックに転化する・・・こういう曲構成に共通点(決してパクリ云々ということではないw)を感じるのです。

ついでに言うと、「Wake~」を聴いてると、今までにないくらい激しいロックナンバーと化していた日生友仁のcareも思い出します。careについて言えば日生友仁Ver.は忘れられないな。

よかったら聴いてみて下さいw
※歌詞付きなので(ていうか歌詞しか出てこない映像です。なのに再生回数120万回超!)、内容も把握しやすいかと。

Wake Me Up When September Ends  by Green Day



続きを読む

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。