*All archives* |  *Admin*

2012/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危うさ 儚さ
部屋の整理をしていたら。1年前の5月、毎日新聞掲載の仁の一面広告(←ぶっちゃけこれだけでも相当お金かけてもらってたよねw)が出てきたので、なんとはなしにそこに載っていたEtenalの歌詞に目を通してみると・・・

これまでEternalの歌詞で私が一番好きな部分は、

例えば 願いがかなうなら 悲しみのナミダが
もう二度と あなたに こぼれないように
魔法をかけてくれますか


だったのね。こういうこと言える(考えられる)感性がもう泣けるほど素晴らしいと思って。
こういうことに気づける感性がもうなんともいえないわけですよ。

ところが、久しぶりに改めて歌詞を読んでみると違うところに目が行った。
てか、こういう歌詞もあったことをすっかり忘れていたよw←


乗り越えなきゃならない 事もあるでしょう
負けないで 何があっても ずっと 傍に居るから


ちょっと待って、こんな歌詞を書ける(こういう感性を持っている)ヤツが今の状況を乗り越えられないハズはないよね!
そう力強く思ったのであった(笑)
スポンサーサイト

続きを読む

憎みきれないろくでなし(!?)
・・・ってジュリーw(沢田研二)の曲もありましたがw、ほーんと、(お友達の言葉を借りるなら)行ったり来たり浮いたり沈んだり、そんなことばかりで、もはや「待つ」という行為に辟易しながらも、憎みきれない人。

一般友に少クラ(といってもセクゾンw)のダビングをしようと思ってHDDの映像を見返してたら、そういえば少クラ増刊号(←ここへいらっしゃる皆様はご承知の通り、昔のカツンなどJr.黄金世代系)もまだHDD内に残してあって、それを見るとやっぱり視線は仁しか追いかけていない自分がいる。
今ではあり得ないくらいw典型的ジャニソンであっても、一生懸命歌い踊る、ただ目の前の仕事に真摯に取り組む、何よりそのひたむきさが愛おしい。
これもダビングして友達に(半ば無理やりw)見せてあげよっと(笑)。

つか、私のケータイ、ガラケーもスマホも(2台持ちですw)いまだに待ち受け画面は仁だし。
そこは健人より仁の方がなーーんかしっくりくるので、健人にしようとは思わないし、やっぱり仁なんだ。
ことさら変えようと思わないくらい、空気のように仁であるのが自然な状態ですw

続きを読む

ナンダカンダで5年
私事ですが、おかげさまでこのブログも開設してからどうにかこうにか本日で5周年を迎えることができました。

ずっと前から、あるいは最近からでも読んで下さっている方に改めて感謝申し上げます。ありがとう。

コメントを送って下さった皆様、本当にありがとう。
ありがたく拝見しております。
もう何年もコメントには原則お返事もしておらず、申し訳ございません。
この場を借りて、御礼とお詫びを申し上げます。

ブログの開設なんてどうやったらいいのかそのノウハウもよくわからないまま、LAから帰国→復帰した仁への想いがそれまで以上に膨らみ過ぎてどうにかして綴りたい、仁への想いを伝えたいと、試行錯誤していた5年前の今日もやっぱり土曜日だったなぁ。

仁を好きな気持ちは変わらない!なーんて思っていたのに、1月の横アリが終わってから、結婚とかを別にして、ちょっと・・・いや、正直かなり冷めたり、仁事からは(心の)距離を置こうとしたり、このブログを完全閉鎖はしないまでもしばらく更新休もう、ていうか今の私にはもう何も書けない・・・と思っていたはずが、そんな時に限ってなぜかツラツラと書いてみたり・・・(←)

そんな風にして仁を叱咤(たまにw激励)しているうちに、またぞろ仁への気持ちを取り戻しつつある今日この頃。

仁は以前、ファンのみんなにはあまり期待しないで下さい・・・みたいなこと言ってたけどさ。
もちろん、それは変な期待はやめて、という意味ではあるけれど。

それでも芸能人たるもの、ある程度はファンの夢や期待を背負ってナンボだと思う。時にはそれがどんなに荷が重いものがあったとしても。

逆に赤西仁のアルバムが出たのに、どうでもいいなんて思われたり言われたりすることほど悲しいことはない。
期待されないし、興味も持たれないってそういうことじゃない?

人気って人の「気」が集まることだよね。

別に風水とかを気取るわけではありませんが、仁の周りに再び「人」の良い「気」が集まってくればいいなぁって思ってる。そうすればいろんなことが再び好転していくんじゃないかなぁって思ったり。

でも、人気云々より何より、歌やダンス、演技。仁が活動の3本柱と定めたものに対して、熱い情熱を取り戻して・・・いや、傾けてくれることが一番望ましいことですね。

一日千秋の思いで待ってる人、いっぱいいるんだから。

戻ってこいよ、表舞台に。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。