*All archives* |  *Admin*

2012/01
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yellow Goldなhip hopを
横アリのイベントに行ってきました。一部は自分で当選した分、二部はいつもの相方がダブり当選した分を譲っていただき、贅沢ですが両部共参加することができました。
一部はアリーナCブロ、二部は北スタンド(しかも最後列w)。

一部の時は隣の席が二十代前半?くらいの若い女性で、仁がステージに登場した瞬間「キャーーー!」って耳をつんざくような凄い声が出て、若干閉口しつつも(苦笑)、こうして仁と同世代の若い女性ファンにもキャースカ言われて「仁、よかったね」という気持ちもありーの(笑)。ホラ、仁ファンって年齢層が幅広い(笑)ですし、仁もそのことを自覚してますよねw
そのせいか、今回も一部はお客さんが毎度おなじみw「人妻設定」で、「最近ダンナさんとしてないんじゃない?」とかなんとか・・・・w
それに対してMCのDaveさんがすかさず「(ファンの人にとっては)大きなお世話です」ってツッコむと、Jin「Daveさんの“Dave”は最近どうですか?」→Dave「ほっといて下さい!」ってやりとりが面白かったです(笑)。

さて。
感想とかレポ的なものはいろいろ端折ります。

今回、どこかで仁から「音楽はHip Hopが好き」という発言があったと記憶してますが、仁がHip Hopを好きという気持ちと同じくらい、私は私でRockとそれに付随するギターサウンドをこよなく愛してます。
最近気がついたんだけど、そういえばこれは今に始まったことじゃなくて、ロックという音楽を知った十代初めの頃から、私が真に心惹かれていたのはいつもギターの音だった。バンドであれば、「ギタリストよりボーカリストの方が好きだった」バンドなど片手の指で数えられるくらいしかないほど、好きなメンバーはギタリストであることが圧倒的に多い。

だから今回のイベントを見ていて、もちろん仁の持ち歌で大好きな曲はいくつもあるんだけど、やっぱり仁とは根本的なところで音楽性が違うのかな?って迷いが改めて頭をもたげてきて・・。
そうは言いつつも、一部の時は仁本体とスクリーン両方を、二部は天井席だったのでスクリーンから一瞬たりとも目を離すことができなかった。
ルックスがどうこうじゃなくて、とにかく赤西仁という人間からどうしても目を離すことができなかった。一瞬たりとも彼の一挙手一投足を見逃したくないって感じで。仁との音楽性の違いに葛藤しながら、それなのにアタシ何やってんだろう?って自問自答しながら時間が過ぎていった。

なーのーにー。

最後のお見送り。特に二部。

仁の姿を見た途端、予期せぬ涙が。
やっぱり私、泣けてくるほどこの人のこと好きなんだ・・・と思いました。
私のように音楽性がちょっと違うかも?と思っているような人間にとっても、それを覆すほどの、どうしても抗い難い魅力があるんだよね、赤西仁って人には。

以前の私だったら、好きなバンドであっても自分のフィーリングに合わないアルバムが出たらアッサリ見捨てたりしてたの。
でも、仁だとそれができない。

仁には届かないかもしれないけど、仁に手を振りながら「ありがとう、ありがとう、仁、ありがとう」って精一杯心を込めて言いながら会場を後にしました。なぜなら、
こんなに楽しませてくれる人っていないじゃない?
こんなにワクワクドキドキさせてくれる人っていないじゃない?

3月に出るアルバムはもちろん買いますよ!
やはり聴かずにはいられないのです。

それから今回イベントが追加が出て昼夜2回になった時、応募多数とか、会場代等経費をカバーするためwとか、もちろんそういった理由もあるでしょうけど、何より仁が一人でも多くのファンに逢いたいと思ったからじゃないかな・・・・と私は受け止めました。冷たいようでいて実は人に優しい人間であったり、あるいは腹黒いところがなくてごくごく真っ当な人間であったり・・・そんなところも仁の魅力。だと思う。

長くなるので、本題は続きに入れます。
スポンサーサイト

続きを読む

新年のっけから失礼します。
CDTVライブ観ました。

仁の問題は緊張とか音程云々以前に、「発声」そのものではないかと。
以前から思っていたことですが、仁はどうも「発声」が弱い。特に歌い出しが弱いですよね。
声が(おそらく本人の思うようには)出せていないというか、例えて言うなら「喉が(歌うに十分なほど)開いていない状態」のように感じます。
いざ歌い出すと声が小さい。それをなんとかカバーしようとして力むと音程が変に狂ってしまったり、で、歌っていくうちに徐々に調子を取り戻していくものの、完全に取り戻す前に曲が終わってしまったり。

仁本人はなんとか歌おうとしているんだろうけど、こう何度もTVに出る度に同じような状況を見せつけられてしまうと、悲しいかな、やはり力が付いていけてないのかなぁと思う。
どんな状況にあっても、どんな曲であっても(誰の曲でもない、仁の曲なんだよ)、きちんと歌えるようになるには、ここまで来るとボイストレーニングしかないんじゃないかなぁ。
「ボイトレに裏打ちされた自信」・・・歌唱力面ではもちろん、特にメンタル面において、それこそが仁が必要とするものじゃないかと思います。

ただのアイドルならファンの前に姿を見せて、規定通り歌えればそれでいい。
でも仁がアイドルをやめて目指しているはずの「アーティスト」「シンガー」として考えるならば、姿を見せることの意味以上に、「歌える」「歌を大衆に伝える」ことにこそ重点が置かれるはず。
それでもファンが「どんな仁でもいい」「TVに仁が出て仁の姿が見られればそれでいい」などと言ってくれるレベルで満足していては(もちろん仁本人は満足しているはずもなかろうが)、息の長い歌手活動は難しくなってしまうでしょう。

そんなのイヤだ!!

私はボイトレすることによって仁が本来持つフリーダム(奔放)な歌唱が変に規格通りなものになってしまうのもイヤだなーと思っていたこともあり、これまでは必ずしも積極的ボイトレ推進派ではなかったんだけど、今はワーナーさんからボイトレの「業務命令」でも出してほしいとさえ思ってしまう。

客観的に見て「あれでいい」とは思えないし、仁にはより上を目指してほしい(なんといってもアメリカで歌手活動をすることを考えても)。

せっかく本人のやりたい音楽で歌手活動に専念できる環境を勝ち得たわけですから、このままじゃ勿体ない。口惜しい。音楽的センスは本当にあると思うから。
KAT-TUNの3rdアルバム「QOP」の時、一部LAでのレコーディングがあって、そんな風に海外でレコーディングできたり、一流のセッションミュージシャンを揃えてもらえるのも、方針として(既存のアイドルグループとは違う路線で)「音楽活動」に最も力を注いでもらえてるからだ、と頼もしく思ったものだけど、今の仁はレコーディング活動はほぼ全面的にアメリカに置いている状態じゃないですか。
それだけでも夢のように恵まれてると思うし、極端な話、その環境に見合った力もどんどんつけていく「義務」さえ発生する(かもしれない)。

ファンのエゴで言うわけじゃなく、これがJin Akanishiだ!とファンが・・いや、仁に実際関わる人すべてが誇れるシンガーになってほしいじゃないか。

一昨年のアメリカMTVで魅せてくれたような素晴らしいパフォーマンス・・・あれこそが仁の本領発揮だと思ってるからね!

続きを読む

What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。