*All archives* |  *Admin*

2010/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮行会(追記)
私名義は4日19時の回で当選してました。
東京住みだからどちらかといえば日曜より平日の月曜の方に回されがちかも??・・・と思ってたら案の定(笑)。

明日24日(金)は(多くの会社で)給料日で銀行込みそうだし、今日のうちに振込予約してきます。

※(追記)として、続きにコメントへのお礼を書かせていただきました。
スポンサーサイト

続きを読む

忘れてるわけじゃないよ
忘れるわけないじゃない! 仁のことも、このブログのことも。
仁のこと好きで好きで大好きに決まってるじゃない!
仁に会いたいに決まってるじゃない!

忘れてないし大好きだし早く会いたい。だからこそ、先週USツアーが発表になるまであまりに何もなくて、それが辛くて。
じゃぁ何か動きがあるまでジタバタしないでこの際少しの間、ブログの更新だって見合わせたっていいじゃない?・・・と思いかけてました。

・・・と思ってたら、ドドン!とツアーが発表になり、まずはそこで心底安心した。
やれ無期延期になったとか、やれ中止だのという「ウワサ」を聞くだに、いや、いざ本当のことが「発表」になったら絶対に「なーんだ、そんなことだったのか」「やっぱりウワサはウソだったのね」って自分納得するに違いないからそんなの信じるのやめよう、だいたい「中止」とか正式にそういう発表されてるワケではないし!と自分に言い聞かせ続けてた(笑)。

さらに予想外の「壮行会」開催に、webやハガキでの仁からのメッセージと、やっぱり仁の言葉に一番安心する。
「あの~」とか「俺のこと忘れないでね(笑)」とか、なんだかソロになってから一皮むけたのかな?
素直な心がこもった言葉が本当かわいくて、愛おしすぎる。

仁から「あとちょっと待って!!」と言われれば、素直に待てる気がする(笑)。

大丈夫、引き続き仁のこと応援してるから、その点は仁も安心して「作業」に取り組んで下パイ!!
ついに発表になったU.S.ツアー!
YELLOW GOLD TOUR 3010

11月7日(日) シカゴ(Rosemont Theatre)

11月10日(水) サンフランシスコ(The Warfield)

11月13日(土) ヒューストン(House of Blues)

11月16日(火) LA(Club Nokia LA Live)

11月21日(日) NY(Best Buy Theater)

※旧称:Nokia Theatre Times Square


超取り急ぎ。ベガスとアナハイムがなくなってる。
でもめっちゃテンション上がった!!

※jinakanishi.US 公式サイトも併せてチェックしてみて。
それぞれの想い
ナ~ンもなかった今日この頃、唐突にジャニからの動画配信にはものっそテンション上がったね。
待ち切れずに会社のPCからちょこっと覗いてみたものの(←)、会社のPCってスピーカー付いてないのか(音をミュートにしてるわけではなく)音が出ないのよね。って、職場で仁の声とか聞こえたらむしろ困るわけだけど(笑)。
音は聞こえないわ、冒頭部分は早送り映像っぽいわで、ワケわからず早々に中止。
でもなんとか仁の大まかな様子だけは知りたかったので、その後トイレへ・・・と思ったが、女子トイレから男子の声が聞こえるのも変だし(爆)、誰もいない部屋に駆け込み、誰か来たらどうしようってドキドキしながら携帯からチェックしました。
こういう時、短めの映像をupしてくれる携帯サイトは便利だ(笑)。
またまたハットをかぶってはいるものの、やっと所属事務所から公式に発表された仁の動く姿に自分が考えていた以上に感激したよ。
表立ったことはまるで規制されてるみたいに(今は)出てこないけど、とにもかくにも「活動」はしていてくれてるんだなぁと・・・

そして帰宅してから改めてジャニnetの映像を見たけど、あの~、こう申してはナンですが「たかが一ゲスト」として登場した先輩(タッキー)のコンサートでの映像を、こんな風に公式サイトから流してくれるとは夢にも思わなかった。先輩(タッキー)本人の動画で流れるならまだしも、ゲストの分際で(笑)この映像をこんなに活用させていただいていいんでしょうか(笑)

そんな中で、タッキーの「チャンスをもらったんだから」という言葉に込められた思いやりが胸に沁み入りました。

※続きからはこのブログのスタンスについて少々書かせていただきました。

続きを読む

消えてなくなるものが欲しいわけじゃない
最後の仁マニュや滝コンでも仁は新曲制作の話をしているわけだけど。
例えばYOU&JINについて言えば、基本的なマテリアルは揃っているわけだし、日生→LAがそうだったように、U.S.ツアーにしても一部の曲を入れ替える程度でいいといえばいいじゃない?(あるいはLAコンと全く同じものでもいいくらいなわけで)

仁が曲を創ってるというのを聞く度に、創っても創っても、じゃぁその曲はどこに行くんだろう・・・?と思ってしまう。もちろん新しいshowを構築するため、より良いものを目指して創ってるのはわかっていても、それをきちんと形に(音源化)しなかったらソロアーティストになった意味もないじゃないの。
(注)あ、これって仁に文句を言っているわけじゃないので誤解のないよう。

・・・と、そんなことを考えていた折、UTBで有料(あるいは期間限定で一部無料なのかわからんが、それはサンプル映像ということなのか??)で仁の映像を売り出しているという。
値段だけ見れば安いと言えるだろう。
仁ファンは枯渇感・飢餓感にあえいでいるのだから、たしかに手を出しやすい金額だとは思う。
けど金額の多寡の問題じゃない。
何だって?1本につき、たかだかリピ10回で終了、もっと見たかったら金払えって?(苦笑)
事務所とUTBが結託して当座の小銭稼ぎ(←)しようとしてるのか知らないけどヲタのリピ率舐めてるな(笑)。
いや、リピ率はさておいても、そんな限定的な、たかだか10回で消えてしまうものをファンが求めてるわけじゃないんだよ。
欲しいのは半永久的に・・・ETERNALに堪能できるCDやライブDVDだっつーの。

・・・と毒を吐きましたが、ソロとして出発するからにはいずれは何か出すだろうと今は信じよう(信じたい)
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。