*All archives* |  *Admin*

2010/02
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またすぐ逢いたい
仁のソロコンがついに終わってしまいました。
仁さん、22日間、お疲れさまでした。
今日は13時~15時半くらいまで「今頃・・・」と思ってた。
今日の東京は朝は雨が降っていたけど、午後になるとカラリと快晴。
つまり仁が会場入りする時はお天気はあまり良くなかっただろうけど、終わって出てくる時にはこの晴れルヤ(←)を仁に見せることができると思うと、なんだか心がほっこりしてました。

ホントにね、ソロコンをやってくれてありがとう!素晴らしいものを見せてくれてありがとう!最後までがんばってくれてありがとう!という感謝の言葉しか出てこない。

もっといろいろ考えてたのに、オーラスにクリケイさんが来た(というか出た)、2人でHelpless~・・・のみならず、「WONDER」を演った(←「やった」と読んで)と聞いて、すべてが吹っ飛んだよ。
あまりにもspecialすぎるサプライズ!
あ゛ぁ゛~もぉ~やっぱりそれはものすごく見たかった~(泣)クリケイさんとの生「WONDER」。

レポを拝見すると「WONDER」については必ずしも予定調和というわけでもなさげ(?)ですが、このことがCD化へのデモンストレーションになるといいな。
いつまでこの作品を狭いところ(=基本的にファンしか目にすることがないという意味です)に閉じ込めておけばいいの?
仁とクリケイさんがこの曲でMステに出るのが夢だった。
そりゃ、もしCD化されてもお得意の「初回限定」とかになっちゃうかもしれないし、仮にCD化されても、だから歌番組に出られるというわけじゃないかもしれない。そんなことはわかってる。でも夢で終わらせたくない。

最後は「またすぐ逢いましょう」と言ってくれたそうで、「すぐ」・・・すぐですか?意外と意味深ですかコレ?(笑)
うん、またすぐに赤西仁に逢いたいね。

仁がFREECELLで言っていた「僕側として応援してくれてる人もたくさんいる」
これからもその一員でありたい。
スポンサーサイト
Hallelujah
仁のソロコンを最初に見た時、そしてパンフレットを見た時。
予想していたとはいえ、どんだけ顔隠すの~??と正直思った(笑)。
サングラスよりも、どの曲だったか(BANDAGEでしたっけ??←曖昧な記憶でごめん)フードをこれ以上ないくらいに目深~にかぶられた日にゃー、もうどんだけよ?と苦笑いしなくもなかった。
ただし他のブログさんでもおっしゃっていたけれど、そんな時でもどんな時でもこちらが思っている以上に仁はお客さんを見ているらしい。さらに仁友の一人も、かなり良席に入った際に、仁の目線が右から左、左から右へ、あるいは下から上から・・・??(笑) いずれにせよ驚くほどくまなく動いていたのがハッキリ見えたと言うてました。

で。私自身が2回目に入った時、「Hallelujah」で後ろのスクリーンに和訳が出ていることにようやく気がついて。
でも仁を見るのも忙しいから(←)和訳を最初から最後まですべて読めたわけじゃないのですが、その中でハッとさせられる一節があったの。それは
「どうせ音楽なんて聞いてないんだろ」
という箇所。
※私の記憶違いもあるかもしれないので、実際にスクリーン上に出ていた字幕通りの正確な言葉ではないかもしれませんがニュアンス的なもので受け止めて下さい。
それで改めて歌詞を調べてみると英語では
“But you don't really care for music、 do you?”
とあります。
なんだかドキっ!!とさせられた。

続きを読む

水を得た魚
twitter仲間さんから仁マニュがひょっこり更新されてるのを聞いて慌てて見に行った仕事中。←
いつになく(?)文章がイキイキしてるのがいい。何より仁の心が伝わってくるのがいい。
ちゃんと遅れたお詫びを言って、ソロコンが楽しくできていることへの感謝の言葉もあって。
充実しているからこそ、そんな言葉も素直に出てくるんじゃないかな?

さらに見に来てくれた人の名前まで挙げちゃって(笑)
仁がここまで言及するのは珍しくない?(と思うのは私だけ?)
マツ潤とか(そこは「潤くん」とかじゃなくて「松潤」呼びでいいのね。てか何故に「松」はカタカナ表記?爆)、亮ちゃん、Pという呼び名が微笑ましい。中丸なんとか君なんて2度も名前出してるし、とにかく仁の心の充実ぶりが伺えるのが嬉しい。
このソロコンを通して、今、彼の中で何かが変わってきている・・・・なんというか、頑なだった何かが融けて柔らかな方向へ向かってきているような・・・そんな良い予感がしてます。

ほんと、ラストまであと少しだね。
You can make it last!!
生身の力強さ
「BANDAGE」鑑賞ノルマを最低でも5回と決めていたのに、上映館や上映スケジュールの関係もあって、どうやらわずか4回でついえてしまいそうです。
観れば観るほどハマっていく世界だったのに残念。DVDならいつかは観られるわけで、やっぱり映画館で見ることに意味があったと思うんだけど・・・。

てか、2月に入ってからYou&Jinを見てしまうと、生身の仁の力強さに圧倒されてしまって、自分の中からナツが吹っ飛んでしまったような感じ(苦笑)。
9日(昼)に見た時はとにかく「care」がスゲーーー!!演奏の迫力、そして今まで見たことがないくらい髪を振り乱して歌う仁の激しさ、ひたむきさ、その美しさ・・・何より仁が音楽を愛する心が激しく伝わってきちゃって、とにかくそこがワタクシ的ハイライトだったように思います。

2回目(16日夜)ではWONDERとラブジュがよかったなぁ。あともちろん仁が心を込めて歌うEternalも。
特にラブジュの

・・・I've been all around the world、but I ain't seen nothing like you・・・

この部分が好きで印象に残ってます。
意味的には「これまで世界中いろんな所へ行ったけど(君のような人はいなかった)・・・」という経験値ではあるんだけど、のびのびと歌っている仁を見ると、本来の意味である「過去の経験」というより、仁が今そして将来的に世界中のいろんなところに自由に行きたいんじゃないかなって・・・なんだかこのメロディーに乗ってフワフワとどこか行ってしまうんじゃないかと・・・そんな軽い危機感と。
できれば仁の望むところへ飛翔させてやりたいような思いと。
その2つの思いの間で、個人的にはなんとなくハラハラしながら聞いて(見て)ました。笑
あ、あくまで「可愛い子には旅をさせろ」的な意味合いですよ?
なんかさ、FREECELLのインタビューを読むと、日本の芸能界のシステムとかに多少なりとも窮屈なものも感じていらっしゃるようだから・・・もうちょっと広い世界(しがらみのない世界?)に飛び立たせてやりたいような・・・・と独り言。

もちろん、上記のようないわゆる「なじみ曲」以外にもハマれる曲はいろいろありました。
それは追々書いていきたいです。

続きを読む

タイトルが思いつかない
ご無沙汰です。
最近書いてないのはいまいちネタがないからなんですが、毎日開演時間になると「今頃やってるなー」とか「1時間経ったから休憩時間か」とか「休憩終わったからハレルヤ~」などと日々考えて生活できる今は幸せだね(笑)。
少なくとも仁が「日生劇場にいる」という所在がわかるだけでも幸せ(笑)。

なお、私の参戦は9日昼と16日夜で終了しました。
感想的なものももうちょっと書きたいとは思ってますが、うまくまとまらない。
まとめる必要もないか。印象に残ったことにポイントを絞って、そのうち書きたいです。

入られた方は気が向いたら感想とかレポとか何でもいいので教えて下さい(笑)。
What time is it in the world?
で、世界で活躍してくれんの?
twitter
最新の記事
最新のコメント
無記名によるコメント投稿はご遠慮下さい。なお、しばらくコメントレスは休止させていただきます。ごめんなさい。
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アマノン

Author:アマノン
2003年7月25日のMステで仁と出会う。ジャニーズのくせにビブラートをかけられる歌声に感心し、なおかつ誰よりもしなやかな腰使い(笑)のダンスに心底魅せられる。以来3年間、密かにライトなファンを続けるも、2006年10月以降「休業」による飢餓感から某tubeで過去映像を漁り、仁に完堕ちして現在に至る。
自分の視点で仁への思いをブチまけたくて始めたブログです。
東京都在住。出版社勤務。

管理人へのメール
管理人アマノンへのメールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
更新カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
拍手ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。